美容師は昭和の時代、女の子の憧れの職業だった

丸ノ内美容院とマーセル・ウェーブ

 日本の女性の洋髪は大正末から始まった。日本映画黄金時代の有名な結髪師、伊奈もとの回想記『髪と女優』(61年、日本週報社)によると、大正十二年(1923)に皇太子(のちの昭和天皇)が海外巡幸した際に随行した宮中御用掛の理髪師が洋髪技術を習得、帰国後、それを公開したのがきっかけで次第に洋髪が広まったという。

 日本で最初の美容院は、アメリカで美容を学んできた山野千枝子が大正十一年に、当時、東京駅前に完成した丸ノ内ビルヂング(丸ビル)のなかに開いた「丸ノ内美容院」。

 西清子の『職業婦人の五十年』(日本評論社、55年)にこうある。

「(丸ビルに)開店した山野千枝子の〈丸ノ内美容院〉からは、赤の口紅、マーセル・ウェーブのモダン・ガールが、たくさん、つくりだされた。アメリカから帰ったばかりの彼女は、日本おけるアメリカ流美容術の開拓者となったのである」

 文中の「マーセル・ウェーブ」とは十九世紀末にマーセルというフランス人が考案した、鋏のようなアイロン(焼き鏝(ごて))を使って髪全体にウェーブをつけてゆく髪型。

 その後、パーマネント・ウェーブ機が導入され「パーマネント」が普及していった。

美容師となり身を立てる女性たち

 昭和モダニズムの作家、吉行エイスケの夫人で、吉行淳之介、和子、理恵の母親、吉行あぐりは岡山県の生まれ。十代の頃に女性も職業を持たなければいけないと、大正十四年に上京し、山野千枝子に弟子入り、「丸ノ内美容院」で修業した。

 昭和四年(1929)には東京・市ヶ谷に「山ノ手美容院」(のち「吉行あぐり美容室」)を開いた。草創期の美容師の一人。

 昭和七年にはアメリカで美容術を習得したメイ牛山(牛山マサコ)が銀座七丁目にハリウッド美容室を開店。アメリカ製の新しいパーマネント・ウェーブ機を導入して話題になった。

 昭和の戦前の美容師を描いた映画がある。

 昭和十三年の作品。古屋信子原作、清水宏監督の『家庭日記』。

 三宅邦子演じるヒロインは、大学生の佐分利信と恋仲になるが、家の事情のため結婚は出来ない。

 傷心の彼女は満州(いまの中国東北部)に渡り、美容師となって身を立てる。その後、日本に戻って、妹(三浦光子)と共に美容院を開く。

 場所は当時、急速に発展している盛り場、新宿。「リラ美容院」という名のしゃれた店。助手を三人も使っている。

 こんなセリフがある。

「むかしは髪結いの亭主、いまは美容院のハズよ」。美容師が時代の先端を行くモダンな自立した女性であることが分かる。

 実際、市ヶ谷に美容院を開いた吉行あぐりは、夫の吉行ケイスケが昭和十五年(1940)に亡くなったあと三人の子供を育てている。百三歳になる現在もお元気。

 平成九年(1997)、吉行あぐりを主人公にNHKの朝の連続テレビ小説「あぐり」が放映されたのは記憶に新しい(田中美里主演)。

マーセル・アイロン技術の研究者でもあった山野愛子さん。アイロンを使ったマーセル・ウブ。昭和7年、日本橋白木屋デパートの火事をきっかけに洋装の女性が増えるとともにマーセル・ウェーブが流行し始めた。(写真提供:山野美容専門学校)
日本の美容界に貢献し、〝世界のヤマノ〟にまで名を広めた美容化・山野愛子さん(明治42~平成7年)。結髪から始まり「美容の殿堂・山野美粧院」を開業したのはパーマネント・ウェーブ機を研究し国産のパーマ機製作に着手、アメリカ製のパーマ機製造に成功。東京はもとよりまたたくまに地方にも浸透し大ヒット商品となった。その隣にあるのはドライヤー。(写真提供:山野美容専門学校)

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial