美容師は昭和の時代、女の子の憧れの職業だった

美容師はキャリアウーマンの先駆け

 谷崎潤一郎の名作『細雪』は昭和十年代の芦屋に住む薪岡(まきおか)家の四姉妹の物語だが、この小説に井谷(いたに)という美容師が登場する。

 神戸の一流ホテル、オリエンタル・ホテルの近くに店を持つ。薪岡家の姉妹たちの行きつけの店。「神戸では相当鳴らした美容院」とある。

 一流の美容院だから客には芦屋あたりに住む上流階級の女性たちが多い。井谷の美容院は彼女たちの格好のサロンになっている。現代の浮世床である。

 顔の広い井谷は薪岡家の三女、雪子の見合いのために奔走する。そしてついに華族のいい青年を見つけ出す。家庭夫人と違って社会に出て働いている美容師は、女性社会のなかで重要な役割を果たしていたことが分かる。

 市川崑監督の『細雪』(83年)は、横山道代がこの美容師を演じている。吉永小百合演じる雪子の見合いをお膳立てする。

 井谷は苦労人で、中風で寝たきりの夫を抱えている。美容院を経営しながら二人いる弟のひとりを医学博士までさせ、娘を「目白」(現在の日本女子大学)に通わせている。現代風にいえば、さっそうたるキャリア・ウーマンだろう。

『東京物語』の杉村春子も夫(中村伸郎)はいるが、夫のほうはいかにも「髪結いの亭主」で影が薄い。食事の時など妻に「あんた、それ取って」と完全に尻に敷かれている。

戦争未亡人の自立を支える仕事

 戦争中、禁止されていた美容院は戦後になって復活する。

 成瀬巳喜男監督の『女の歴史』(63年)の高峰秀子演じる主人公は、自由が丘の商店街に小さな美容院を持っている。

 彼女は戦争で夫(宝田明)を失っていて、戦後、一念発起して資格を取り、美容師となった。

 同じ成瀬巳喜男監督の『おかあさん』(52年)では中北千枝子演じる戦争で夫を失った女性がやはり美容師になろうとしている。

 吉行あぐりは、終戦後、師の山野千枝子から「戦争未亡人の自立を助けるため施設を世田谷に作るのでそこを受け持ってください」といわれ、その仕事を始めたという。当時、美容師を目ざす未亡人は多かったのだろう。

吉行あぐりさんが昭和4年に開いた「山ノ手美容院」は、日本のダダイズム建築の代表作の一つで、NHKドラマ「あぐり」ではこの建物が再現された。設計は舞台美術家、演出家、劇作家として知られる村山知義。山ノ手美容院の前で弟子たちと一緒の昭和11年ころの写真。和子さんを抱いているのが、あぐりさん。
(写真提供:吉行和子さん)
吉行あぐりさんが市ヶ谷の焼け跡に「吉行あぐり美容室」を開いたのは44歳、昭和27年のこと。78歳からはまったく人を使わず一人で美容室経営を始めた。写真は97歳のころ。(写真提供:吉行和子さん)

かわもと さぶろう
評論家(映画・文学・都市)。1944 年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5 冊)『我もまた渚を枕―東京近郊ひとり旅』『映画を見ればわかること』『銀幕風景』『現代映画、その歩むところに心せよ』『向田邦子と昭和の東京』『東京暮らし』『岩波写真文庫 川本三郎セレクション 復刻版』(全5 冊)など多数の著書がある。

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial