子供たちが夢中になって野球を楽しんだ”原っぱ”という遊び場所

戦後生まれの野球漫画に描かれた父と子のキャッチボール

 戦後、プロ野球は大人気になる。赤バットの川上や青バットの大下がヒーローになる。それに伴って子供たちのあいだでも野球は以前にも増して人気スポーツになる。

 井上ひさしの長編『下駄の上の卵』(「たまげた」の意)は、終戦後の昭和二十一年に、山形県の田舎町に住む小学生の男の子たちが、憧れの白い軟式ボールを求めて東京へと旅する野球小説。

 モノのなかった終戦後のこと、子供たちは、里芋の茎をくるぐる巻いて作ったボールと丸太を削ったバット、それに軍手をもとに作ったグローブで野球をする(さすがにそれでは満足に野球が出来ないので、本格的なボールを求めて東京へと冒険の旅に出る)。

 この子供たちが野球をする場所がやはり原っぱ。鎮守の森の横にある。「公園という名は冠せられているけれども、新山(しんざん)神山なる鎮守の社(やしろ)のいわば前庭のようなもので花壇ひとつないただの原っぱだった」。

 この原っぱが子供たちの野球場になる。小さな町だが、少年野球チームが十近くある。だから日曜日になると、この原っぱが奪い合いになる。終戦後の野球人気をうかがわせる。

 その人気を受けて、戦後、野球漫画が生まれた。最初の野球漫画は、月刊誌「漫画少年」の昭和二十三年一月創刊号から翌年の三月号までに連載された井上一雄の『バット君』。私などの世代には懐かしい。

 バット君こと長井抜十君は野球好きな小学生。東京の小さな町に住んでいる。お父さんはお医者さん。バット君はちゃんとユニフォームを着て野球をする。

 家の近くには原っぱがある。そこでお父さんとキャッチボールをする。親子が原っぱで野球を楽しむ。長い戦争が終わってようやく平和な時代が来たことの嬉しさが野球にあらわれている。

 原っぱでする野球で困るのは、外野手を超えたボールがしばしば草むらに消えてしまうこと。補欠のバット君がこのボールを探す役になる。

原っぱでも空地でも昭和の子供たちは遊び場を見つける名人だった

 原っぱの定義は難しい。工場の空地、宅地用の売地、資材置場、屋敷あとなどなど。まだ満足に公園もグラウンドもなかった時代、そこが子供たちの野球場となった。

 黒澤明監督の昭和二十二年(1947)の作品『素晴らしき日曜日』にも原っぱの野球が出てくる。貧しい恋人たち(沼崎勲と中北千枝子)が、ある日曜日、いまふうにいえばデートをする。東京のあちこちを歩く。町の原っぱで子供たちが野球をしている。それを見て沼崎勲演じる青年は仲間に入れてもらう。原っぱの野球が戦後の明るさをあらわしている。

 成瀬巳喜男監督の昭和三十五年(1960)の作品『秋立ちぬ』は、銀座の隣り、新富町あたりを舞台にしている、もう家が建てこんで来ていて満足な原っぱがない。

 仕方がないので子供たちはネット塀を乗り越え、駐車場に入り込んで野球をする。といっても狭い場所だから三角ベース(懐かしい!)。おまけにすぐ警備員に見つかって怒られてしまう。この頃から、次第に原っぱが消えていった。

かわもと さぶろう

評論家(映画・文学・都市)。1944 年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5 冊)『我もまた渚を枕―東京近郊ひとり旅』『映画を見ればわかること』『銀幕風景』『現代映画、その歩むところに心せよ』『向田邦子と昭和の東京』『東京暮らし』『岩波写真文庫 川本三郎セレクション 復刻版』(全5 冊)など多数の著書がある。

1 2

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!