加山雄三 80歳の青春

3年前、80歳にして初めて人生を語った若大将

SPECIAL FEATURE 2017年4月1日号より

エレキやピアノの楽器をこなしピアノコンチェルトまで作曲すれば、スキー、サーフィン、水上スキーとスポーツも万能。加山雄三は映画『若大将』シリーズの主人公そのもの。女性のみならず同時代を生きる男性たちにとっても憧れの存在。さらには、料理を作ればプロの料理人顔負けの腕前を披露し、絵画の腕も玄人はだしで、個展も開き、画集も出版するほどで、船の設計までも手がけるという多才ぶりで知られる。理系の知力と文系の感性を持ち合わせた人物だ。また、若い世代の後輩ミュージシャンからは〝リアルヒーロー〟〝レジェンド〟〝キング〟とリスペクトされていて、同じステージで今もロックに興じる。その若大将こと加山雄三が、4月30日に80歳を迎える。80歳は人生を振り返り、思い出を語る年齢ではなく、明日を生きる通過点であることを、未知の分野に好奇心を持ち進化し続ける加山雄三は身をもって証明している。

企画協力・写真提供=加山プロモーション、ドリームミュージック

文=田家秀樹


  何しろ、 80 歳である──。
  どんな人にでもいい。〝 80歳のイメー ジ〟について訊いた時に返ってくる答えがあると思う。誰一人、彼のような姿を思い浮かべる人はいないのではないだろうか。
  2017年4月 11 日、加山雄三は80歳になる。
 その一ヶ月半前、彼はライブハウスのステージに立っていた。若いバンドやアーティストの登竜門として知られている恵比寿のリキッドルーム。ソロではない。2014年に結成されたロックバンド、THE King ALL STARSのヴォーカリストとしてである。13 名の実力派ミュージシャンの中の最年少メンバーとは48歳違うという世代を超えたロックバンド。〝King〟という名前は〝ロックの王様〟 エルヴィス・プレスリーがモチーフになった。約1000名の客席はオールスタンディング。彼は、エルヴィスが歌っていたロックンロールから代表曲「君といつまでも」などを熱唱。客席からは 〝若大将!〟というコールが鳴止まなかった。ライブの翌週、事務所でこう語ってくれた。

 いつも反省ばかりですよ。もうちょっとテンポアップした方が良かったかなとか、音量がでかすぎて音程が取りにくかったかなとか。下積みのな い人間としては、そういう経験が非常に重要だなと思って、小さいところでやってるんですが。でも、若い人たちからの反応はこの上ない幸せ。孫みたいのがいるわけです(笑)。彼らが僕の50年前に書いた曲を聴いてくれて古くないと言ってくれる。音楽を愛してきて、親友としてきて良かったなとつくづく思うんですね。

後輩たちに憧れと羨望を抱かせる
加山雄三が生んだ音楽の潮流

父・上原謙と自宅の庭でくつろぐ加山。
加山の母・小桜葉子は女優であり、1960年代には、小桜式美容体操の講師として大活躍した。加山の歌に母を思って作った「母よ」という曲がある。作詞は、岩谷時子。

 下積みがない──。
  それは、彼の音楽人生を何よりも象徴している一言でもあるのだと思う。
  戦前戦後を代表する二枚目俳優と名門の女優を両親に持つという血筋。彼が、音楽に興味を持ったのは、8歳の時に叔母が弾くバイエルがきっかけだったと言う。1945年、戦争が終わった年だ。通学路の途中に住んでいた有名なピアノの先生に惹かれてピアノを習い始めた。リキッドルームでも演奏された「夜空の星」は、14歳の時に作曲したものだ。
「原曲はソナチネとまでは行かないけど、バイエルくらいのレベルのピアノの練習曲として作ったんだね。後ろで 聴いていた親父が「それは何の曲だ」というんで「俺が作ったんだ」。「ほうすごいな」と言われたのがきっかけですね、大学卒業までに10 曲くらい作ったかな。その中に「恋は紅いバラ」もあったんですよ。
 どんな世界にもパイオニアがいる。  
 その人が登場するまでは、顧みられることのなかったスタイルが一世を風靡する。そこから大きな流れが始まって行く。

加山と作詞家・岩谷時子の出会いの曲は「恋は紅いバラ」。初めて会ったのは1963年頃で、岩谷はその時の加山の印象を「日本男子の古風な厳しさと、おおらかで明るい西洋の男の良さとを併せ持った男性」と、著 書『愛と哀しみのルフラン』で披露している。「君といつまでも」では、66 年の日本レコード大賞で、加山は特別賞を、岩谷は作詞賞を受賞した。「夜空の星」「お嫁においで」「旅人よ」「ぼくの妹に」「海その愛」など、 岩谷作詞、弾厚作作曲の作品は149作にのぼるという。

 彼がバンドを最初に組んだのは、1957年。20歳の慶應義塾大学の学生時代。カントリーロックのバンドだった。ビートルズ登場以前である。エレキギター、ロックバンド、作詞作曲。どれを取ってもそれまでの日本の音楽シーンでは主流ではなかった。
「ずっと英語で歌ってましたからね。原語でカッコ良く行こうぜ、というところから始まってましたから。日本のアーティストが日本語で洋楽を歌うのが恥ずかしくてたまらなかったんですね。日本語でと言われた時も、どうにもならないという気持ちでした。でも、それがヒットしたわけですからね」
 日本語で歌うようになったきっかけが1965年の「恋は紅いバラ」である。作詞・岩谷時子、作曲・弾厚作、歌・加山雄三。弾厚作というのは、団伊玖磨と山田耕筰を合わせた彼のペンネームであることの説明は不要かもしれない。彼は「岩谷さんとの出会いがなかったら、今の自分はない」 と、ことあるごとに話している。「恋は紅いバラ」は、1963年の映画『ハワイの若大将』の中では英語で歌われていた。

映画『若大将』シリーズで加山の恋人〝澄ちゃん〟を演じた星由里子と撮影時の写真。

 加山雄三が僕らに見せてくれたもの。その多くは映画『若大将』シリーズの中でのものと言って良いだろう。
  以前、『歌に恋して~評伝岩谷時子』 を書いた時に話を聞いた南こうせつ は、「ラジオで『恋は紅いバラ』を聴いた時は驚きましたねえ。曲はプレスリーなのに詞は日本語。聞けば大学は慶應でヨットにスキーもやっている。我が家ではまだ薪で風呂を焚いてましたからね。日本にこんなにカッコいい人がいるのか、衝撃でした」と言った。
 羨望と憧れ。そんな風に映画に胸をときめかせたのは南こうせつだけではない。加山雄三の還暦を祝って97年に制作されたアルバム『60candles』には、カールスモキー石井、THE ALFEE、チューリップ、高橋幸宏、槇原敬之、甲斐よしひろ、さだまさし、TUBE、玉置浩二、森山良子、 徳永英明ら、その後のJ-POPシーンを支えてきたビッグネームがずらりと並んだ。

映画『若大将』シリーズは最高の
プロモーションビデオだった

 映画『若大将』シリーズは、1961年に第一作『大学の若大将』が公開された。彼は大学を出たばかりの24歳。等身大の姿だった。エレキギターはもちろんのこと、ヨットにスキー、サッカーにアメリカンフットボール。『若大将』シリーズでそれらに興味を持った人も多いはずだ。まさに先駆的映画だったことになる。

「最初は一本だけだったんですよ。結局18 本(笑)。あれは青春時代のひとつの理想形ですよね。誰でもその頃にスポーツに専念するとかサークルで音楽をやるとか、将棋でも囲碁でもいい。勉強以外でそういった活動をするじゃないですか。スポーツは何でもやった方が良いし、音楽だって好きならやるのが良い。それを組み込んで理 想形にした。プロデューサーの藤本真澄さんと脚本の田波靖男さんのシナリオの力ですね。先駆者なんてことを意識したことはないですよ。僕は海ばっかり行ってたし、あんなにモテた記憶もない。洋上に女性はいません(笑)」
 代表作との葛藤、とでも言えば良いのかもしれない。映画に限らず、若い頃に手にした成功がその後の人生に足かせになるという例も少なくない。『若大将』との出合いについて、今、どんな風に思っているのだろうか。
「両方ありますね。良かったというのはもちろんある。反面、若大将のイメージが強いがゆえに役者としての価値はほとんどない。黒澤明監督と『椿三十郎』『赤ひげ』、成瀬巳喜男監督と『乱れる』、堀川弘通監督と『狙撃』とかもやらせてもらってるんですよ。でも、やっぱり『若大将』になっちゃいますよね。出合えて良かったと思えるようになったのは大分経ってからでしたけど。今考えてみたら、あれはプロモーションビデオのすごいものだったと。一本の映画の中で3曲くらい歌ったら全部ヒットしちゃう。あのシリーズがプロモーションビデオとなって曲がヒットした。ありがたいな、と今は思いますね」

 音楽と青春、そして海──。
 加山雄三がいくつになっても〝若大将〟であり続けられるのは、映画と彼自身の間に落差がないからだと思う。 映画は終わっても〝若大将〟の人生は続いている。役柄と実人生が一致しているように見える。
 そういう例はきわめて希有ではない だろうか。
「僕は音楽のプロだと思ってないんですよ。昔からそう。なぜかと言えば、音楽がものすごく好きなんです。生まれた時から好きだと言って過言ではないくらい。学生時代、評論家の小島正雄さんに『音楽が好きならそれでメシを喰うようにならない方が良いよ』って言われたんです。この世界に入って映画がヒットして鼻をこすってりゃ金になる、みたいなことが続くじゃないですか。そればっかりだと嫌になる。これでメシを喰うなんてことを思うと絶対に駄目だなと。趣味だからやってる。曲を作るのも、好きな時にやってると何十曲も一度に出来ちゃうんですよ。締め切りがあったり仕事だと思うと駄目ですね」

海も音楽も生涯の親友
そして若い仲間たちがいる

加山雄三率いるTHE King ALL STARSと怒髪天のガチンコロック対決。撮影:言美歩

 好きなことを職業にしない。好きだからやっている。これで稼ごうとか思っていない。永遠のアマチュア精神と言って良いのかもしれない。加山雄三は、偉大なる趣味人と言って良さそうだ。27 歳の時に小型船舶操縦士の免許を取得、初代光進丸を進水させた海の世界もそういうことになる。

「海は大きいですね。航海に出ると全く視点が変わってくる。NHKホールでスポットライトを浴びて3300人の前で歌って、番組が終わってそのま ま海に行く。当時は江の島に船を置いていたから、それに乗って鳥羽の造船所まで行く。夜間航海だからね。石廊崎あたりまで来ると、星は出てても真っ暗な中をプロの船が走っているのと出くわすんだ。これでメシを喰っている人がいるんだよな、と全く違う世界に入れるんです」
 何と言っても茅ヶ崎育ちである。  

 自分でボートを制作したのは14歳。サーフィンを始めたのが 15歳。 18歳の時にモーターボートも作っている。台風の中で転覆、九死に一生を得るという体験もしている。
「海っぺりで何もすることがなかったからね。他にやることがないからなんでも自分で作ったんだけど、それは今に影響してるね。自然の怖さも知ってる。我々人間も自然の一部だなと分かる。人間は、そういう恐怖、怖さを持ってないと駄目だと思うね」
 彼のバンド、THE King ALL STARSが結成されたのは2014年。77歳の時だ。
 もし、彼が音楽をやっていなかったら、そんな風に若い世代と何かを共有することはありえなかったはずだ。一緒に音を出す。それは俳優が映画や舞台で共演するのとも違う。
 そこには80歳も48歳もない。


たけ ひでき

1946年、千葉県船橋市生まれ。69年、タウン誌のはしりだった「新宿 プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤン グ」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクショ ン作家、音楽番組パーソナリティとして活動中。『読むJ‐POP・1945~2004』『70年代ノート』『陽の当たる場所~浜田省吾ストーリー』『ラブソングス ユーミンとみゆきの愛のかたち』『いつも見ていた広島 小説吉田拓郎 ダウンタウンズ物語』『みんなCM音楽を歌っていた 大森昭男ともう一つのJ‐POP』『歌に恋して―評伝・岩谷時子物語』など多数の著書がある。日本のロックポップスを創成期から見続けている一人。

2017年4月1日 Vol.31より
error: Content is protected !!