加山雄三 80歳の青春グラフィティ

映画『若大将』シリーズは最高の
プロモーションビデオだった

 映画『若大将』シリーズは、1961年に第一作『大学の若大将』が公開された。彼は大学を出たばかりの24歳。等身大の姿だった。エレキギターはもちろんのこと、ヨットにスキー、サッカーにアメリカンフットボール。『若大将』シリーズでそれらに興味を持った人も多いはずだ。まさに先駆的映画だったことになる。

「最初は一本だけだったんですよ。結局18 本(笑)。あれは青春時代のひとつの理想形ですよね。誰でもその頃にスポーツに専念するとかサークルで音楽をやるとか、将棋でも囲碁でもいい。勉強以外でそういった活動をするじゃないですか。スポーツは何でもやった方が良いし、音楽だって好きならやるのが良い。それを組み込んで理 想形にした。プロデューサーの藤本真澄さんと脚本の田波靖男さんのシナリオの力ですね。先駆者なんてことを意識したことはないですよ。僕は海ばっかり行ってたし、あんなにモテた記憶もない。洋上に女性はいません(笑)」
 代表作との葛藤、とでも言えば良いのかもしれない。映画に限らず、若い頃に手にした成功がその後の人生に足かせになるという例も少なくない。『若大将』との出合いについて、今、どんな風に思っているのだろうか。
「両方ありますね。良かったというのはもちろんある。反面、若大将のイメージが強いがゆえに役者としての価値はほとんどない。黒澤明監督と『椿三十郎』『赤ひげ』、成瀬巳喜男監督と『乱れる』、堀川弘通監督と『狙撃』とかもやらせてもらってるんですよ。でも、やっぱり『若大将』になっちゃいますよね。出合えて良かったと思えるようになったのは大分経ってからでしたけど。今考えてみたら、あれはプロモーションビデオのすごいものだったと。一本の映画の中で3曲くらい歌ったら全部ヒットしちゃう。あのシリーズがプロモーションビデオとなって曲がヒットした。ありがたいな、と今は思いますね」

 音楽と青春、そして海──。
 加山雄三がいくつになっても〝若大将〟であり続けられるのは、映画と彼自身の間に落差がないからだと思う。 映画は終わっても〝若大将〟の人生は続いている。役柄と実人生が一致しているように見える。
 そういう例はきわめて希有ではない だろうか。
「僕は音楽のプロだと思ってないんですよ。昔からそう。なぜかと言えば、音楽がものすごく好きなんです。生まれた時から好きだと言って過言ではないくらい。学生時代、評論家の小島正雄さんに『音楽が好きならそれでメシを喰うようにならない方が良いよ』って言われたんです。この世界に入って映画がヒットして鼻をこすってりゃ金になる、みたいなことが続くじゃないですか。そればっかりだと嫌になる。これでメシを喰うなんてことを思うと絶対に駄目だなと。趣味だからやってる。曲を作るのも、好きな時にやってると何十曲も一度に出来ちゃうんですよ。締め切りがあったり仕事だと思うと駄目ですね」

2017年4月1日 Vol.31より

1 2 3 4

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

new 森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

new 箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial