秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

芦田伸介
(1970年代)尾﨑士郎原作『人生劇場』の吉良常役 このとき撮影した写真は自叙伝『歩いて 走って とまるとき』(啓文社、1996年)のカバーにも使用

NHK大河ドラマ「赤穂浪士」(1964年)では滝沢修演じる吉良上野介が潜む炭焼き小屋の前で、主君を最後まで守ろうとする家臣小林平八郎役を好演するなど、テレビドラマでお茶の間の人気者になったが、敗戦の引き揚げ後に劇団民藝に入団し、商業演劇などでも活躍した舞台人である。「ドラマ「七人の刑事」で断然光っているのは、部長刑事の芦田伸介である。「氷点」の芦田伸介はもうけ役といったところで、あまり感心しないのだが、「七人の刑事」で芽をふいた人気が「氷点」で花を咲かせたのだからおもしろい。どうしてこんなに人気が出たのか、当人がわからんね、という顔をしているのだから傑作である。「若さと美ぼうを誇る二枚目だア」と放言していた彼も、自動車事故で顔を傷だらけにし、年もあと二年で五十だ。さすがそんなセリフをはかなくなったら人気爆発、災い転じて福となった感じである。平素の彼は、新劇人らしからぬ明快な三枚目である。柴田錬三郎、阿川弘之、吉行淳之介、そしてわたしの遊び仲間は、彼にしきりにすすめる―「三枚目をやってみろ」と。「渋い役なんてやさしい。おまえはだいたい喜劇向きだぞ」ともいう。いまのところ、味の役者にとどまっている。しかし、あざとくうまい役者より、ときに魅力で人を楽します貴重な味の役者である」(秋山)。芦田は孫ができたとき、「ご先祖さま」と呼ばせる、と言っていた。秋山庄太郎は孫に「先生」と呼ばせることにする。しかし、芦田は「ジージョ」「オジイ・チャン」と呼ばれるようになり、秋山はほんの一時期「センセイ」と呼ばれていたが、すぐに「アザブのジジ」「麻布のおじいちゃん」となる。芦田と秋山は麻雀を囲みながら、好好爺談義を交わすこともあった。秋山庄太郎、芦田伸介らが男の友情を育んだ逸話は黒鉄ヒロシ『色いろ花骨牌』(小学館、2017年)に詳しい。

三木のり平
(1960年代)

映画『駅前シリーズ』や、『社長シリーズ』での宴会大好きの課長で人気を博し「パーッといきましょう」は流行語にもなり、喜劇役者の地位を確立した。「スターは三船(敏郎)、役者は(三木)のり平」とも言われるほどその演技力には定評があった。舞台人としても活躍していたが、1993年に不条理演劇の第一人者と言われる別役実の作品で新劇の舞台に立ったのは驚きだったが、著書『のり平のパーッといきましょう』の中で「いま、こうやってさ、新劇の舞台に立つことは、とってもうれしいことだよ」と言っている。のり平最後の舞台出演も98年の別役実作『山猫理髪店』だった。森光子主演の舞台『放浪記』の演出を81年から担当し、菊田一夫演劇賞大賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞なども受賞している。「仲良くしていた喜劇俳優の一人。1986年に一緒に紫綬褒章を受章。その時にいただいたお菓子は冷凍し、お客さんが来るとうす~く切って、「天皇陛下から頂戴したものです」と、少しずつ出したと言っていました。真面目なところ、おふざけのところ、ひねくれっぽいところもあって、だから面白いんだけれどね。実に飄々としている。喜劇俳優の人たちというのは、新劇の俳優とはちょっと違って、その人ならではの顔がみえて、写真家としてはなかなか面白かったね」(秋山)。本年、長男で俳優の小林のり一著(編:戸田学)の三木のり平評伝『何はなくとも三木のり平 父の背中越しに見た戦後東京喜劇』が青土社より上梓されている。
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3471

1 2 3 4

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

六本木ヒルズ、村上隆彫刻作品が映像に。

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial