東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~


文:杉山 弘

企画協力&写真提供:明治座


前身の喜昇座から数えると2023年には創業150年を迎えることになる明治座。東京で最も古い劇場ということである。
開業以来、明治座が一貫して心がけているのは「常に新しい感動をつくり提供し続ける」こと。時代が変わっても、演劇を楽しみとする世の人の心は変わらないと、さまざまな文化にとって受難の時代であった戦時中も、終戦の年の2月まで公演を続けた。丁寧につくられた一流の作品でありながらも、かしこまった「鑑賞」の対象ではなく、気軽に「見物」できる、日々の暮らしの中で気楽に足を運べる舞台。演劇は作り手だけでは完成しない芸術だと心得、客に「観に行きたい」と思ってもらえる舞台づくりの歴史を紡いできた。
幕が下りた後に「ああ、面白かった、観に来てよかった」と観客が感じて初めて明治座の舞台は完成するのである。
演劇というより、芝居という表現が似合う日本橋浜町らしい劇場。劇場前に立てられた、役者の名前を染め抜いた幟(のぼり)が、芝居小屋という情緒を演出する。


現在も明治座で主演舞台を務め、その都度会場をわかせている今や国民的と言ってもはばかることのない人気歌手、氷川きよし初の明治座座長公演は平成23年6月『氷川きよし特別公演』だった。第1部は芝居『銭形平次~きよしの平次 青春編~』で大空眞弓、横内正、太川陽介ら、芸達者な俳優たちが氷川を支えた。第2部はコンサートで、ラストでは『ベルサイユのばら』風の真っ赤な衣装とバラのついたマイクで「きよしのズンドコ節」を歌い上げ、大勢の観客の喝采を浴びた。平成25年6月には「明治座創業一四〇周年記念」のファイナルとなる公演の座長を務めている。

劇場でのすべての時間を
晴れやかな思い出に

  明治26(1893)年に誕生した明治座は、歌舞伎座や新橋演舞場、帝国劇場と並び、東京を代表する劇場として長年愛さてきた。花道や宙乗り装置が常備され、かつては歌舞伎や新派、新国劇の殿堂として親しまれた。1960年代の高度経済成長期に入ると「座長公演」で一世を風靡する。これは一人の座長を中心として、公演の度に一座を組む新しい形式の公演で、森繁久彌、二代目尾上松緑、大川橋蔵、山田五十鈴、山本富士子、髙橋英樹、三木のり平、池内淳子、杉良太郎、舟木一夫、橋幸夫、美空ひばり、藤田まこと、松平健らが座長となって、積み上げてきた芸にさらなる磨きをかけた芝居や歌謡ショーでファンを魅了した。銀幕スターから時代劇俳優、大物歌手、人気コメディアンまで、昭和の芸能史をみるかのような煌びやかなラインアップで賑わった。

昭和48年6月の『樅ノ木は残った』の二代目尾上松緑と淡島千景。NHK大河ドラマ第一作『花の生涯』などでも知られる名コンビで、息の合った芝居をみせてくれる。松緑の息子の故・尾上辰之助も出演していた。淡島千景も明治座になじみの女優で、松緑や高橋英樹などとの共演の他に『しぐれ茶屋おりく』『花のれん』などで主演を務めた。

 演劇愛好家ではなく大衆に愛された明治座は、東京近郊の都市から訪れる団体客の占める割合が高いことでも知られている。その特徴を一言で形容するなら「オール・イン・ワン」ではないだろうか。化粧水や乳液、美容液、クリームなどの効果が一つになり、スキンケアを手早く済ませたいときの頼れるアイテムとして、近年「オール・イン・ワン」化粧品が脚光を浴びている。この手軽さと高い満足度を明治座に置き換えると、東京見物を兼ねてバス旅行を仕立てて来場し、練り上げられた芸を楽しむ。また売店では東京銘菓や公演限定の記念グッズをお土産にし、ロビーに飾

られた東山魁夷、山口吉三郎、加倉井和夫ら現代日本画家の名画が目の保養となれば、休憩時間には豪華な食事に舌鼓を打つことも出来る。明治座の三田芳裕・代表取締役社長はミシュランガイドの三つ星に輝いたこともある人形町の老舗料亭「玄冶店 濱田屋」の代表取締役社長も兼任している。この料亭で修業した料理長が劇場内の厨房で腕を振るい、食堂では2回の休憩時間を使って来場した多くの観客(定員=1448名)は伝統の味を楽しむことも出来る。

昭和43年9月の『淀どの日記』初演の山田五十鈴と当時松本幸四郎(後の初代松本白鸚)。『淀どの日記』はその後も再演を重ねる人気演目となり、ファン投票により選定される「五十鈴十種」の一つに名を連ねる。

 小旅行(トラベル)に芝居見物(イベント)や食事(イート)。こう並べてみると、政府の「Go To」キャンペーンの要素が明治座にほとんど詰まっていることに気づかされる。新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛や休業要請で業績の悪化した企業を支援する政府の経済政策にのって、キャンペーン利用者は日常生活で疲弊した心をリフレッシュすることが出来る。明治座はそんな楽しみが詰め込まれた「オール・イン・ワン」の劇場とも言い換えられる。

 それだけに今回のコロナ禍は劇場運営にも大きなダメージを与えた。2020年は3月から8月まで、10公演が中止となり、再開場後も団体客への集客が呼びかけにくい状況が続いている。新しい試みとして、遠隔地に住んでいる人や移動が難しい高齢者に向けて会員制の動画配信サービスを始めたほか、インターネットを通じて資金提供を呼びかけるクラウドファンディングにも着手している。ただ、経営を支える主力となるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

昭和36年5月東宝・明治座提携第1回特別公演『佐渡島他吉の生涯』の森繫久彌。左は『社長シリーズ』や『駅前シリーズ』など映画でも欠かせない俳優の山茶花究。舞台の森繫劇団では番頭格として森繫を支える存在だった。1970年5月、森繫劇団の明治座公演で倒れたときも、酸素マスクをつけてまで舞台に立つ気迫を見せていた。

1 2 3

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

new 森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

new 箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial