91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム─── 国技の語り部が伝える名力士たち

◇〈木鶏の精神〉と〈抑制の美〉

 明治42年に国技館ができてからの相撲を、私は近代相撲と位置付けています。そして今日まで数多くの名力士が出ていますが、やはり双葉山を抜きにしては語れません。第35代横綱の双葉山は、昭和11年1月場所7日目から昭和14年1月場所の3日目まで69連勝を果たし、平幕から関脇、大関、横綱と一気に上り詰め、負けを知らない3年間を過ごしました。(注:小結は通過)

 70連勝できなかったその夜、「我、未(いま)だ木鶏(もっけい)たり得ず」という電報を陽明学者の安岡正篤氏に送ったというのは有名な話です。「木鶏」は中国荘子の故事にあるもので、双葉山は「木鶏の精神」を座右の銘にしていました。しかし、昭和14年1月場所4日目、70連勝を前にして対戦した相手は前年盲腸の大手術をしていた安藝ノ海。敗れました。「どこからでも大丈夫」と心にスキがあった。双葉山にして慢心があったのです。

(注:中国荘子の故事にある「木鶏」について、最強の闘鶏とはと問われた時、他の闘鶏は鳴いて騒ぐが、まったく相手にせず、まるで木で彫った鶏のように惑わされることなく、泰然自若と鎮座していること)

昭和39年5月場所。伊勢ケ濱親方(第38代横綱・照國)がゲスト出演。横綱照國は、昭和10年1月場所が初土俵。色白、童顔、ふっくらとしたアンコ型の相撲人形のように見え、少年少女の声援を集め人気を博した。引退後、年寄・荒磯から伊勢ケ濱を襲名。大関清國を筆頭に多数の幕内力士を育成した。

 私の相撲記者69年で、相撲を一言で語れと言われたら、「抑制の美」という言葉を当てますが、それはまさに双葉山の残した「我、未だ木鶏たり得ず」の言葉に凝縮されているのです。勝って奢らず負けて腐らず。木で彫った鶏の如く微動だにしない。これこそ大相撲とはスポーツ、されどただ単にスポーツにあらず、なのです。現代のスポーツは勝って誇らしげにガッツポーズをします、負けて顔をしかめ眉間に皺を寄せます、その感情を表に出さず抑制することこそ大相撲の美学なのです。

 神の祀であると同時に、自らを常に省みて向き合う。謙虚な気持ちが大事であることを受け継いで欲しいと思いますし、それが、代々の横綱、代々の力士に受け継がれているからこそ、大相撲の奥の深さがあると思っています。したがって、勝ち負けだけを見るのではなく、勝ち負けの奥にある人間を見ることを自分に言い聞かせながら、私は69年間土俵を見続けてきました。

昭和39年11月場所、福岡スポーツセンターで。宮城野親方(第43代横綱・吉葉山)がゲスト出演。横綱吉葉山は昭和13年5月場所初土俵。均整の取れた堂々とした体と、美男力士として人気を博した。満33歳9ケ月で横綱になる。土俵入りは不知火型で、その雄姿は最高の美男横綱と謳われ、彼を表紙にした相撲雑誌は飛ぶように売れた。

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!