「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌~ 第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

 日本ビクターにも青春路線がある。ジャズ喫茶<銀座ACB>に飛び入り出演してスカウトされ、昭和39年に「霧の中の少女」でデビューした久保浩。同じ吉田正門下の橋幸夫、三田明に続くビクター期待の新星だった。「霧の中の少女」は哀愁を帯びたメロディと、甘い歌声が若い女性たちの〝ハートをつかみ〟久保浩最大のヒット曲となり、この1曲で昭和歌謡史に名を刻む歌手として、今も人々の記憶に残る。ビクターも協賛番組を持っていて、久保のデビュー当時には、日本テレビ系「ビクター歌のパレード」、TBS系「ビクター愛のスタジオ」などが放送され、久保もよく出演していた。また、昭和40年にNHKで放送され、人気若手歌手6人の出演が話題となったドラマにもメインキャストの1人として田辺靖雄、三田明、梓みちよ、九重佑三子、いしだあゆみらと一緒に出演していたことからも、当時の人気ぶりが知れよう。

久保浩

 ここで、美樹克彦にも登場してもらおう。目方誠の本名で子役として70本近くの映画に出演していたが、同時に歌のレッスンも行っていて、中学生で歌手としてもデビューしている。昭和40年、高校2年生のとき芸名を美樹克彦に改名し歌手として「俺の涙は俺がふく」で日本クラウンから再デビューした。そう、クラウンということでは、西郷輝彦の後輩に当たる。アイドルの中でもワイルド系路線を本領として、翌年にリリースした「回転禁止の青春さ」がヒットし、クローズアップされた。日本クラウンの協賛番組に、昭和39年から40年に日本テレビ系で放送された「歌う王冠(クラウン)」があった。西郷や北島三郎、水前寺清子らと共に美樹克彦もよく出演していたのを思い出す。「回転禁止の青春さ」の、派手なアクションが印象に残っている。

美樹克彦

 美樹克彦の人気を決定付けた曲と言えば、昭和42年発売の「花はおそかった」だろう。この曲でNHK紅白歌合戦にも出場した。曲のラストで「バカヤロー!」と叫ぶのが印象的で、「バカヤロー!」と叫ぶのは、その後のアイドル歌手、西城秀樹「白い教会」、近藤真彦「ブルージーンズメモリー」に、しっかりと引き継がれている。また、テレビ史に刻まれるバラエティ番組「オレたちひょうきん族」で、明石家さんま扮するブラックデビルのテーマ曲「好きさブラックデビル」の作曲を手がけ、美樹克彦と同時期にやはりクラウンからデビューしていた「新聞少年」などのヒット曲がある山田太郎とのユニット名「オレたち・昔アイドル族」として歌っていたのを覚えている人もいるだろう。さらには、作曲を手がけ小林幸子とのデュエットでリリースした「もしかしてPARTⅡ」は、今でもカラオケのデュエット定番曲として、多くの人々に親しまれている。だが、今、聴きたい曲は、やはり「花はおそかった」である。

1 2 3 4

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial