「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌~ 第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

 「昭和歌謡アルバム」第一弾のラストを飾るのは、あべ静江。東海学園女子短期大学在学中に東海ラジオの人気DJとなったあべ静江が、キャニオン・レコードから歌手としてデビューしたのは昭和48年のこと。キャニオン・レコードは、ニッポン放送系列のレコード会社で、あべと同時期には中条きよし、その後は、研ナオコ、田原俊彦、堀ちえみ、チェッカーズ、岡田有希子らが、同レコード会社からヒット曲をリリースしている。あべ静江のデビュー曲「コーヒーショップで」は、オリコンチャートのベスト10内にランキングされ、自身にとっても最大のヒット曲となった。昭和48年の日本レコード大賞でも浅田美代子、アグネスチャン、安西マリア、桜田淳子らと共に新人賞にノミネートされている。その年に話題をさらったアイドル歌手が並ぶ中、あべ静江は大人のお姉さん的な雰囲気を醸し出していた。最優秀新人賞は「わたしの青い鳥」の桜田淳子だった。ちなみに大賞は「夜空」の五木ひろしで、大衆賞には麻丘めぐみの「わたしの彼は左きき」、沢田研二の「危険なふたり」などが選出された。天地真理の「若葉のささやき」で、竜崎孝路が作曲賞を受賞している。

あべ静江

 「コーヒーショップで」もいいが、個人的にあべ静江のこの1曲を選ぶとしたら、やはり「みずいろの手紙」だ。この曲はセリフで始まるが、「そして、いまでも愛していると言ってくださいますか」というフレーズの間(ま)の取り方、そして最後の「か」がいい。遠慮がちだが、ちょっと甘えた感じもあって、爽やかなお色気とでも言うのだろうか、とてもチャーミングだった。そして、声が伸びきった高音が美しかった。リリースされた翌年にNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。3曲目の「突然の愛」も、ヒットした。デビューからの3作すべては、作詞・阿久悠、作曲・三木たかしのコンビが手がけている。

 若手アイドルの全盛にあって、あべ静江の上品で清楚で、育ちの良さそうな佇まいは貴重だった。当然のことながら、テレビドラマや映画界が放っておくはずもなく、女優としても引く手あまたの人気者となった。その中で、山田太一の脚本による、深夜ラジオのディスクジョッキーの世界を取り上げた昭和49年放送のドラマ「真夜中のあいさつ」では、女優としてのデビュー作品ながら、多くのドラマ関係者を納得させるに十分な魅力を放っていた。同年スタートした、小津安二郎作品集をベースにフジテレビ開局15周年記念として連続ドラマ化した「春ひらく」でも、ベテランから若手の人気俳優が勢ぞろいする中、あべ静江も松坂慶子や、当時人気だった仁科明子(現・仁科亜希子)と共にキャスティングされている。

 現在も現役の歌手として、全国各地での歌謡ショーに出演しており、司会者としてもベテランらしい達者ぶりをみせている。今、聴きたい1曲となれば、やはり「みずいろの手紙」である。

 レコードジャケット同様、プロマイドも昭和の文化だろう。プロマイドに写る歌手たちの若々しい笑顔から、その時代が鮮やかによみがえってくる。今回ご紹介した5人の歌手たちの写真に、自身のあの日あの時を重ね合わせるとき、懐かしい想い出のアルバムのページが開く。マルベル堂には天地真理51版、安達明80版、久保浩147版、美樹克彦188版、あべ静江22版のプロマイドが所蔵されている。

 さて、次回はいずれの歌手に登場してもらうか、楽しく悩んでいるところだが、第二弾にも、昭和の歌番組を彩ったすばらしい5人の歌手たちが登場する。公開は4月28日の予定。

1 2 3 4

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial