カズ・ハヤシさんの下北沢

〝シモキタ〟らしさを訪ねて

TOWN STORY 2016年10月1日号より

小田急線沿線の町を散歩するこの企画で まだ紹介していない町がある。下北沢もその一つ。 若者たちをひきつける小劇場や衣料品などの店舗が多く、まざまなサブカルチャーを発信し、味にうるさい客をうならせるおいしい店もそろう町、とさまざまな表情をもつ。山の手の風情もあれば、下町の親しみやすさも感じさせる町だ。 そこで、スペシャル企画として4回にわたり下北沢をご紹介しよう。初回の散歩人は、生まれも育ちも下北沢のプロレスラー、カズ・ハヤシさん。地元住人ならではの視点で町を案内してもらうことになった。
photograph by Ayumu Gombi

 小田急小田原線では新宿から6つ目、京王井の頭線では渋谷から4つ目と、アクセスも便利な下北沢。

〝シモキタ〟と呼ばれ、小劇場にライブハウス、雑貨屋、古着屋などの町として常に多くのメディアで紹介されている。また、その時代時代に合わせて新しい風が吹く、新陳代謝の活発な町でもある。現在は、井の頭線の高架化、小田急線では線路を複々線にして地下化する工事の最中で、下北沢がまた新たに生まれ変わろうとするなか、町の表情が変わるのではと、懸念する人々もいるようだ。 町の人々にとって〝シモキタらしさ〟 とはいかなるものなのか。下北沢散歩の初回は、生まれも育ちも下北沢というプロレスラーのカズ・ハヤシさんに、カズさんが感じる〝シモキ タらしさ〟を案内してもらう。

 タイガーマスクに憧れ、小学3年のときにプロレスラーになりたいと思い、その夢を高校3年で実現させたカズさん。全日本プロレス時代には、世界ジュニア王座17回連続防衛の記録を作るなど全日ジュニアの闘いを牽引したジュニアヘビーの象徴として語られる。

カズ・ハヤシさんの訊ねた大城戸鍼灸整骨院、洋食も食べながら、酒も飲める「洋食酒場 フライパン」、〝シモキタ〟らしい居酒屋「居酒屋にしんぼ」、〝シモキタ〟の夜の世界を見続けてきた語り部のいるバー「トラブル・ビーチ」は下記をご覧ください。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!