Huluドラマ「息をひそめて」監督脚本の中川龍太郎さん

町田のオリジナルを生み出す場所に触れる

TOWN STORY 2017年10月1日号より

町田散歩は今回で2回目となる。前回は2009年、第2号で作家の常盤新平さんとともに ──昭和の面影を訪ねて──という趣で実施した。常盤新平さんも、2013年に鬼籍に入られた。あれから8年、町田はどのように様変わりしているのだろうか。今回、町を歩いて嬉しかったのは、当時訪ねた5軒の店が今も元気だということ。常盤新平さんと歩いたあの頃を思い出しながら町田ゆかりの映画監督であり詩人の中川龍太郎さんと今再びの町田へ。
20 代の中川龍太郎さんの目には、町田はどのように映るのだろうか。

文=中川龍太郎
photograph by Ayumu Gombi

 高校時代、繁華街といえば町田だった。
 繁華街といっても、際限なく広がっている新宿や渋谷とはわけが違う。歩けば必ず同級生たちと会ったものだ。誰かが女の子と歩いているのを発見した日には大変だ。彼は翌日には厳しい詮議と査問の対象になる。
 とはいえ、進歩的な同級生たちは町田を出て都心か横浜に行っていた。東京とも神奈川ともつかない中途半端なイメージとともに、僕たちは町田を出たがり、しかし同時に安心感も覚えていたのではなかったか。
 放課後、家に帰るのがなんとなく嫌で、かといって勉強するわけでも、部活動に打ち込むわけでもなかった僕は、友人と際限なくお喋りばかりをしていた。その合間に僕は詩のようなものを書くようになっていった。友人と語る中で、話すだけでは埋められない余白が自己の内側にあることを発見していき、その疼きが
僕に言葉の連なりを書かせた。
 17歳のとき、『雪に至る都』という詩集を出版した。
 本を出す前後、知識や芸術を熱望する心は次第に強くなり、僕もまた町田より新宿や渋谷のより大きな書店やレンタルビデオ店、それから映画館に通うようになった。
 それから10年、今もまだ僕は町田を出られてはいない。当時お喋りをしていた同級生や先輩たちと小さな会社を町田に創り、そこに所属して僕は映画を作っている。

先代からの息子に受け継がれた
料理人の矜持と本格的な味

地中海料理
COCIDO
コシード

 小田急小田原線町田駅の東口側、かつては市舎だった建物に、今は数十の会社が入っていて、その一角に僕たちの事務所がある。

 昼食はいつも隣にある〈地中海料理 コシード>でとる。
 学生から家族連れ、老若男女、幅広い層で昼も夜もごった返す人気店だが、気取らない家庭的な雰囲気で落ち着く。
 グルメなんていう言葉とはまったく縁遠い自分でも明らかに分かる美味しさ。壁中に所狭しと貼られたメニューはなんと100以上というから驚く。パエリアやブイヤベースといった定番メニューもさることながら、無数のオリジナルのメニューが
あり、さらに日々新しいメニューが生み出されてはテーブルに並べられる。そのどれもが飾らない創意工夫にあふれていて、ものを作る人間の端くれとして、ずっと尊敬の想いを抱いていた。
 

 

 店は昨年亡くなられた先代の田中正明さんが1986年に開業。ランチに行ってカウンター席に座ると、赤いTシャツ姿の先代はいつも厨房の先頭に立っていて、厳しい眼光で周囲に目を光らせていた。その静かで凛とした眼差しと佇まいに僕は正直憧れのような感情を抱いていた。
  まだスペイン料理が一般的でなかった40年くらい前のこと、先代は荒くれ者揃いのシェフたちの中でスペイン料理の厳しい修業を積み、同じ職場で奥さんの勝子さんと出会い、ここ町田でコシードを開いたとのこと。先代が紡いできた味と、その眼差しは次男である今のオーナーシェフ勲さんに引き継がれている。
厨房では凛々しく男らしいシェフたちが各々キビキビと無駄の一切ない動きで料理という、消えてゆく奇跡を生み出していく。その動きと連携を見ているだけでも胸が躍る。厳しい修業のなかで料理を学んでこられた先代の名残りがそこにもまた刻まれているのだろうか。

2017年10月1日 Vol.33より

1 2

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial