母・榊原郁恵さんの出身地を訪ねた渡辺裕太さん

駅から徒歩5分圏内のおいしい散歩を楽しむ

TOWN STORY 2018年7月1日号より

2010年にスポーツ・キャスター&ライターの青島健太さんと訪れ、七沢温泉郷への玄関口として紹介した、小田急小田原線の本厚木駅。国道246、東名道、圏央道と3つの幹線道路に囲まれる本厚木は、正真正銘厚木市に所在する駅で、一つ新宿寄りの厚木駅は海老名市にある。米海軍の厚木基地のイメージからか、どこかアメリカンなムードを期待してしまう。確かに世界的企業の研究所が多い町だとも聞いている。今回、駅周辺のおいしい店を探すべく、再訪した。厚木の地元グルメといえば、町興し企画で生まれた厚木シロコロ・ホルモンが思い浮かぶ。2008年にはB級グルメ大会「Bー1グランプリ」で優勝している。今回はホルモンとは別に、どこか洋風のレストランを探すことにした。目指すは駅それぞれの改札口から徒歩5分圏内の店。俳優、タレントとして活躍中の渡辺裕太さんと一緒においしい店をご紹介しよう。
photograph by Sadashi Okakura

 劇団を主宰する俳優であり、バラエティ番組やニュース番組の中継リポーターなどでテレビでもおなじみの渡辺裕太さん。週4日レギュラー出演している夕方のニュース番組「news every 」などでご存じの方も多いのではないだろうか。裕太さんにとって本厚木は、母・榊原郁恵さんの出身地であり、親戚を訪ね、正月や墓参りなどで訪れる町だ。

「従姉妹たちと行く店は大体決まっていて、実はあまり店を知らないのでとても楽しみです」と。

  駅東口改札で待ち合わせて、そこからまずは北口方面へと向かうことにした。本厚木は急行、快速急行など小田急小田原線すべての電車の停車駅であり、ロマンスカーも停車する。沿線の伊勢原、秦野、小田原、大和の各市より人口も多く商業施設も立ち並び、かなり開けた町の印象である。

渡辺裕太さんと訪れた、熟成肉のレストラン<ダ・ブッチャーズ>、ブルックリンテイストのオープンテラスがお洒落な<ダンボ ピツァ ファクトリー>、和とフレンチの融合が見事な<和フレンチ カドヤ>は、下記をクリックしてご高覧ください。

ダ・ブーチャーズ
ダンポ ピッツァ ファクトリー
和 フレンチ カドヤ

 渡辺裕太さんは野菜好きが高じて学生時代に野菜ソムリエの資格を取得していた。「今回うかがった店は、どこも居心地がよくて、おいしい店ばかりでした。次に本厚木に戻ってきたときには、親戚や友人たちとまた来てみたいです」と、新たな本厚木に出合えたことが嬉しいと言う。高校生のときの演劇の授業で、自分で考えて人前で披露するという課題が楽しく、そこが俳優の原点のような気がすると言う裕太さん。今は、舞台も映画やドラマの映像も、さらにはバラエティも司会もなんでもやりたいという。俳優としての顔と、テレビタレントとしての顔が、この先どのように進化していくのか、今後も「渡辺裕太」を見続けてみたい。

わたなべ ゆうた
俳優タレント。1989年、東京生まれ。 劇団マチダックスを主宰し2009年に舞台でデビューした。俳優としての出演作品には、映画『僕たちのアフター☆スクール』『ファインディング・ドリー』(アフレコ出演)、テレビドラマ「コウノドリ」(ゲスト出演)、「魔法×戦士マジマジョピュアーズ!」、舞台キンケロシアター『Kiss Me You~』、PMC野郎『R老人の終末の御予定』、渡辺屋敷公演『トマトとブロッコリー 俳優と芸人による畑ちがいコント』などがある。 また、タレントとして「昼めし旅」「アッコにおまかせ」「幸せボンビーガー ル」などで準レギュラーを務めるほか、「news every」では月・火・木・金曜 の中継リポーター、「所さんの目がテン!」の実験プレゼンターなどを務めている。父は俳優の渡辺徹、母は女優・ 歌手・タレントの榊原郁恵。

2018年7月1日 Vol.36より
こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial