10月15(金)公開『燃えよ剣』桂小五郎役、淵上泰史さん

「成城学園前」の住人御用達の看板店を訪ねる

TOWN STORY 2018年10月1日号より


沿線グラフィティの第一回は成城学園前だった。〝東宝撮影所の青春〟と題し、俳優の夏木陽介さんと町を歩いた。その夏木さんも、2018年1月に鬼籍に入られた。再び成城学園前を訪ねることにした。今回は、成城に暮す人々に愛される、いわば住人御用達の店をご紹介したい。古くから映画人たちが暮す町として知られる成城だが成城住人である映画人たちも店の常連であるようだ。散歩人は映画、テレビドラマで活躍中の俳優・淵上泰史さん。それぞれの店から、何かしらの成城テイストというものが見えてくるに違いない。 Photograph by Ayumu Gombi

 撮影所に行くために駅を利用することはあるが、成城の町を散歩したことはないという俳優・淵上泰史さん。俳優になる前はプロサッカー選手を目指し、ガンバ大阪ユースチームにも所属していた時期がある。その後俳優を志し、デビュー前ながら世界的に知られる写真家ブルース・ウェーバーの被写体に本人から抜擢されたり(すごい体験をしたのだということを、俳優になった後に知ったと言う)、レスリー・キーの写真集にも参加するなど順調な幕開きかと思われたが、芸能事務所もなかなか決まらず、プロダクションに所属後も、順風満帆というわけにはいかなかった。淵上さんが注目されるきっかけとなったのが、2013年にGoogleのコマーシャルで演じた、生徒にダンスを教えるために懸命にレッスンに励む新米体育教師の役だった。以降、映画やテレビドラマなどでさまざまな俳優の顔を見せている。

淵上泰史さんの訪ねた住人の健康を気遣う中国料理店「桂花」、創業100年の大看板「成城凮月堂」、日常も〝晴れ〟の日も住人の口を悦ばせる和食の「日本料理 成城きた山 本店」は、下記をクリックしてご高覧ください。

2018年10月1日 Vol.37より
こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!