NHK大河ドラマ「青天を衝け」で土方歳三を演じる町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

TOWN STORY 2015年10月1日号より

小田急小田原線の各駅停車で新宿から20分余り、千歳船橋の駅に降り立った。
この町は俳優、森繁久彌さんが私邸を構えた町として知られており、「森繁通り」と世田谷区より正式に命名された通りがある。駅の改札を出ると、ご遺族から区に寄贈されたという森繁さんの舞台の代表作『屋根の上のヴァイオリン弾き』のテヴィエ像が迎えてくれる。〝ちとふな〞と住民たちからは愛称され、昭和の名優が暮したこの町の散歩人は、劇団EXILEメンバーで新進気鋭の俳優、町田啓太さん。まずは、名優に挨拶をと、テヴィエ像の前での待ち合わせと相成った。

photograph by Tadashi Okakura

 NHKドラマ10「美女と男子」(2015年放送)は、20話連続という珍しい長丁場で、虚実からめての芸能界のバックステージが軽快な添付で描かれ、飽きさせることがなかった。

 主演は仲間由紀恵さんで、その相手役を務めたのが、劇団EXILEメンバーで俳優の町田啓太さんだ。町田さんが演じたのは、スカウトされ、俳優道を歩くことになる若者。エキストラ、バラエティ番組の再現ドラマ、戦隊ヒーローなどを経て、ついには映画の主役をはり、レッドカーペットを歩くまでに俳優としての成長をとげていく。 

「ドラマのなかで演じた、時代劇のエキストラ、戦隊ヒーローなどいろんな役柄を通じて、俳優としての経験、ステップを擬似的に積むことができ、多くのことを学ばせていただきました。俳優としての僕の財産になる役をいただけて幸せでした」と、まだ町田さんのなかには役の〝向坂遼〟が存在しているようだ。

 町田啓太さんが訪ねた「堀口珈琲 世田谷店」「ベッカライダンケ」「イタリアンレストラン・アルヴィコロ」(閉店のため削除致しました)下記をクリックしてご覧ください。

テヴィエ像と一緒に。

2015年10月1日 Vol.25より
こちらの記事もどうぞ

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

new ホテルにいながら世界の街へ! 小田急 ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

new 森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial