new 21.09.26 update

劇団EXILEメンバー青柳翔さん、はじめての相模大野

異国の風を感じるおいしい散歩

TOWN STORY 2012年4月1日号より

小田急小田原線と江ノ島線の分岐駅ということで一日の平均乗降客は小田急線70駅の中で10番目に多い相模大野。
相模原市近隣の住民や駅利用者からは「大野」と呼ばれている。
駅ビルも充実しており、大学も多く、文化施設も整っている。
さて、この駅でどんな新しい発見があるのだろうか。
気分は相模大野ディテクティブ(探偵)である。
今回相模大野の探偵遊びにご一緒していただいたのは、
劇団EXILEメンバーの俳優・青柳翔さん。主演映画『渾身』が話題を呼んだばかりだ。
相模大野は初めてだという青柳さんと、アドリブ的町歩きを楽しむことにした。

photograph by Tadashi Okakura


 相模大野の駅改札で待ち合わせをした俳優の青柳翔さんと、まずはにぎやかそうな北口から町を散策することに。駅を背に真っ直ぐアーケードを抜け、さらに進むと演劇やコンサートなど意欲的な公演プログラムが組まれている〈相模女子大学グリーンホール相模大野〉に市立図書館という文化施設、そしてその先に〈相模大野中央公園〉が開ける。この導線に生活・文化・自然の三位一体の町との印象を受けた。ここから行幸通りを歩いてみることに。昭和天皇が陸軍士官学校の卒業式に行幸するための道路として造られた道で、以前は戦車が通れる丈夫な道路だったと聞く。

相模大野の隠し味は
アメリカンテイスト


 しばらく歩いているとまるでアメリカのハイウェイ沿いにありそうな店が突然視界に飛び込んできた。ダイナーといった雰囲気だろうか。だが、大きな看板には〝イタリアン料理の老舗〞とある。名前は〈イタリアンガーデン〉。オーナーシェフの杉本静也さん・美和さん夫妻にうかがったところ、外国人オーナーが〈イタリアンヴィレッジ〉としてやっていた店を昭和34年に杉本さんの両親が受け継ぐ形で現在の店名でオープンしたということ。作っていただいた料理はミックスピザ、野菜たっぷりのサラダ、ボリュームたっぷりのフライドチキンで、いずれも開店当時からの味だ。早速手づかみでフライドチキンにかぶりつく青柳さん。

RESTAURANT ITALIAN GARDEN
レストラン イタリアン ガーデンにて

 青柳翔さんが訪れた、
「レストラン イタリアン ガーデン」イタリアンレストラン「イルファヴォーレ」「大野酒バ Tanto」バー「オー ド ヴィー」は下記をクリックしてご覧ください。

 俳優の仕事に意欲を燃やす青柳翔さん。「初めてなのにどこか人懐っこいような居心地のいい町です。それに人と人とのつながりや絆というものをとても大切にしているということが、うかがったお店の方々を通して強く感じられました。人とつながるということは、俳優として僕が一番大切だと心得ていることなので、なんだか同志と出会ったような気がして」と食を通して出会った人々との密な時間を楽しんだようだ。

あおやぎ しょう
俳優。1 9 8 5 年北海道札幌市出身。0 9 年に舞台『あたっくNo.1 』で俳優デビュー、現在劇団EXILE のメンバーとなり、劇団EXILE 公演をはじめ、舞台、映画、テレビで活躍中。隠岐諸島に古来より伝わる「隠岐古典相撲」を題材にした本年1 月に公開された主演映画『渾身 KON-SHIN 』はモントリオール世界映画祭に正式招待され大反響を巻き起こし、急遽主演女優賞のプレゼンターに抜擢されるという大役も務めた。テレビドラマ「LADY~最後の犯罪プロファイル~」「ろくでなしBLUES」「私が恋愛できない理由」「クローバー」「黄昏流星群~星降るホテル~」「結婚しない」「あぽやん~走る国際空港」、映画『ふたたび―SWING ME AGAIN― 』『今日、恋をはじめます』『ユダ』、舞台『3 0 4 』劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ―愛―』『十三人の刺客』などの出演作がある。日本テレビ系列ドラマ「雲の階段」、主演映画『サンゴレンジャー』など

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!