4月29日公開『劇場版 ラジエーションハウス』に出演の丸山智己さん

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

TOWN STORY  2014年4月1月号より

世田谷区、調布市、川崎市に隣接する狛江市。
多摩川中流の左岸に位置し、昭和49年の多摩川の堤防決壊による狛江水害は山田太一さん脚本の名作ドラマ「岸辺のアルバム」のモチーフにもなった。
東京都下の区市のなかでも昼間人口よりも夜間人口が多い住宅都市、狛江。
夕刻を過ぎると、狛江駅には家路を急ぐ人が次々と降り立つ。
郊外住宅地の夜には住民だけに開かれた地元時間が流れているかもしれない。
そんな興味から、ひととき住民になったつもりで狛江の夜を愉しむことにした。おつきあいいただいたのは、俳優の丸山智己さん。時刻はトワイライトタイム。そろそろ喉を潤してもいいころだろう。
photographgraph by Tadashi Okakura

 小田急小田原線の狛江駅は狛江市の中心に位置する。新宿から各駅停車で約30分、狛江駅に降り立った。モダンな駅舎の改札を抜け、駅前広場といった感じの北口ロータリーに出た。今回、狛江散歩をご一緒していただく俳優・丸山智己さんとの待ち合わせまでに、しばし駅前探訪。駅前広場に隣接して多摩川の伏流水が湧き出る弁財天池があり、それに接して雲松山泉竜寺という古寺がある。また、「絵手紙発祥の地 狛江」という大きな懸垂幕や横断幕が駅周辺に見られ、初めてその事実を知った。昭和56年に狛江で初めての絵手紙教室が開かれたことから絵手紙ブームが全国に広まったということで、絵手紙を通じた街づくりを推進しているらしい。そこに、丸山さん到着。丸山さんは蜷川幸雄氏、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏などの舞台のほか、映画、テレビドラマと幅広く活躍中の俳優である。

 丸山さんとまず向ったのは駅南口。路地にはさまざまな飲食店が立ち並ぶ。そんななかで目にとまったのが〝ピザ、生パスタ、オール500円〞の看板。<HOME>というイタリアンバルらしい。

丸山智己さんが訪れた、「HOME 狛江」、「スピカルボ」は下記をクリックしてご高覧ください。

 丸山さんにとってはほとんど初めての町といっていい狛江。「きょうの散歩は大当たりでしたね。料理や酒もさることながらことながら、なんといってもこの町で出会えた人たちが僕にとっての一番の収穫でした」と、新たな縁を深く心に刻んだようである。夏には新作映画の公開が控えている。俳優としてのパフォーマンスを通じて、演出家や作家、そして観客たちとどのような共通言語を生み出すのか見続けていきたい俳優である。

まるやま ともみ
俳優。1975 年、長野県生まれ。モデルとしてショーや雑誌で活躍後俳優の道に進み、テレビドラマ、映画、舞台と幅広く活動中。テレビドラマ「神はサイコロを振らない」「マイ★ボス マイ★ヒーロー」「ホタルノヒカリ」「あしたの、喜多善男」「メイちゃんの執事」「BOSS」「絶対零度」「専業主婦探偵」「リーガル・ハイ」「リッチマン、プアウーマン」「鴨、京都へ行く。」「お天気お姉さん」「ガリレオ」「花の鎖」「実験刑事トトリ2」「ハニー・トラップ」「TRICK 新作スペシャル3」、映画『NANA』『空気人形』『カイジ 人生逆転ゲーム』『黒執事』、舞台『開放弦』『血は立ったまま眠っている』『血の婚礼』『PRESS ~プレス~』『シンベリン』『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』 『るろうに剣心 京都大火編/ 伝説の最期編』 など多数の出演作がある。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!