new 21.12.27 update

日曜劇場 ドラマ『DCU~』出演の高橋光臣さん

招き猫の誘われて豪徳寺

TOWN STORY 2013年1月1日号より

福を招くという招き猫伝説が伝わる寺の名が駅名になった小田急小田原線の駅、豪徳寺。駅前にはその伝説にちなみ御影石で作られた招き猫像が設置されている。新宿までは小田急線で15分程度、東急世田谷線の山下駅とも隣接しているので渋谷にも近い。昔からの商店街があり、閑静な住宅街の顔も持つ、暮しやすそうな町である。招福を期待して世田谷線の線路伝いに散歩人との待ち合わせ場所である豪徳寺へ向かう。
今回の散歩人は俳優の高橋光臣さん。なんとなく昭和の青年の香りのする高橋さんと豪徳寺の町から、どんなドラマが生まれるのか楽しみだ。

招福の寺で俳優としての飛躍を祈念


 NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」でのどこか世間離れしたマイペースな松岡役が話題となり、その後のNHK土曜ドラマ「実験刑事トトリ」では三上博史さんの相棒となる準主役の刑事役で出演、NISSANの車のCMでは松山ケンイチさんと共演するなど、多忙な日々をおくる俳優・高橋光臣さん。この日の待ち合わせもNHKの生番組の出演を終えてからとなった。待ち合わせ場所は招き猫の寺とも言われる豪徳寺の山門。


「自分でも驚いているんですが、現在一日も休みがとれない状況になっています。やはり『梅ちゃん先生』の影響だと思います。役と自分がピタリとはまるタイミングってあるんですね。ありがたいことです」ドラマの収録、取材とプライベートな時間を持つことが難しい日々を送っているに違いないが、ノッている人の表情はやはりイキイキと輝きを放っている。早速、招き猫伝説の招福にあやかって、参拝することにした。境内は広く、平日の午後にもかかわらず参拝する人の姿がそこかしこに見られた。高橋さんに気づいた参拝客の数人から「松岡先生!」と「梅ちゃん先生」の役名で声がかかり、松岡先生がはにかみを見せる。NHKの朝ドラの効力はあなどれない。


 豪徳寺の招き猫伝説の由来を簡単に説明すると、彦根藩主井伊直孝が鷹狩りの帰りに寺の前を通りかかったところ、寺の飼い猫が手招きをしたため、直孝は寺で一休みすることにした。住職からお茶の接待を受けている最中ににわかに空模様が悪くなり、雷雨になった。直孝は「猫が招いてくれたおかげで、ずぶ濡れにならずに済んだ。その上和尚のありがたい法談まで聞くことができ、これは縁起がいい」と大層喜び、これが縁でこの寺が井伊家の菩提寺となったという。豪徳寺には井伊直孝、直弼をはじめ井伊家代々の墓が建てられている。立派な寺になる縁を飼い猫が作ってくれたという次第である。そしていつの頃からか、この猫を招福猫児(まねぎねこ)と称えて崇めるようになったという。


 招猫観音を祀る〈招猫殿〉の横には、願が成就したお礼として数多くの招福猫児が奉納されている。ちなみにここの招福猫児は右手を上げている。高橋さんも期するところがあるのか、奉納された招福猫児を興味深く見ている。俳優としてのこれからの飛躍を祈念しているのだろうか。高橋さんが参拝に訪れていると知り住職・粕川鐵禅さんが境内に姿を見せた。毎朝「梅ちゃん先生」をご覧になっていたということで、声をかけてくださったのだ。ありがたい激励の言葉をかけていただいたらしく、高橋さんも恐縮気味である。

高橋光臣さんが訪ねた、チロル料理の「三輪亭 ペルファミリエ」、おしるこの「甘味 おじか」、洋菓子店「ペンギン ペストリー」は下記をクリックしてご高覧ください。

 近くの大学の図書館や神社など自転車ではときどき訪れていた町だが、ゆっくりと町そのものを楽しむ機会がなかったという高橋さん。「今回、改めて町を歩いてみて、古い部分と新しさがとてもいい感じにミックスされているという印象を受けました。それに、訪れた店すべての方たちの仕事に向き合う真直ぐで情熱的なプロフェショナルな心意気に感ずるものがあり、勉強をさせていただいた思いです」と。「梅ちゃん先生」に出演して以前より役が大きくなったという高橋さんの休日は、体力の解放や、映画や読書での知的好奇心の充実に費やされる。豪徳寺の町は高橋さんの今後の俳優活動にどんな福を呼び寄せたのだろうか。

たかはし みつおみ
俳優。1982年大阪府出身。東洋大学法学部卒。中学3年からラグビーを始め高校(ラグビーの名門啓光学園)、大学時代を通じてラグビー部に所属。2005に俳優デビュー、06年にはテレビ「轟轟戦隊ボウケンジャー」のボウケンレッド役で初主演。12年のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の松岡役で全国区の顔となる。現在、最も注目される俳優の一人として活躍中。テレビ「ウォーターボーイズ2005夏スペシャル」「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」「交渉人~ TⅡE NEGOTIATOR~ 」「幻影~ゲンエイ~」「モンスターペアレント」「アタシんちの男子」「龍馬伝」「科捜研の女」「サクラサク~私は未来を、あきらめない~」「新選組血風録」「海賊戦隊ゴーカイジャー」「ダブルフェイス潜入捜査編、偽装警察編」「実験刑事トトl月、映画『轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE 最強のプレシャス』『シュアリー・サムデイ』スーパー戦隊35作記念映画『ゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊199ヒーロー大決戦』、舞台『ダブルブッキング」『うばクラ』朗読劇『田辺聖子の世界』『幸せの行方~ お鳥見女房~』朗読劇『モスリラ』などの出演作がある。

2013年1月1日 Vol.14より
こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!