大建築を見る「迎賓館赤坂離宮」

迎賓館赤坂離宮

 

~明治時代にさかのぼる日本の英知の結晶~

 

歴史的建築物は、時代をうつす鏡でもある。 紀州藩屋敷跡が東宮御所、赤坂離宮へと変遷し、戦後の一時期国会図書館にもなったが、 外国からの賓客を迎えるために、旧赤坂離宮は5年あまりの 歳月をかけ改修が行われた。 現在の「迎賓館赤坂離宮」である。 2016年4月から通年で公開され参観が可能となった。

また、外苑のシンボルとして 聳え立つ「聖徳記念絵画館」からは、 幕末・明治の歴史を伺い知ることができる。 世界に誇る建築物を2回にわたり誌面でお楽しみいただこう。

一九六四年に上京してあちこち東京を見ていた中で、心底驚嘆したのが赤坂離宮だ。優雅な鉄柵から見る広大な前庭の奥の左右対称の壮麗な 建物は、パリかウィーンかと思わせ「裁判官弾劾裁判所」の看板だけがふさわしくなかった。

鹿鳴館などを手がけた建築家ジョサイア・コンドルの一番弟子で宮内省の宮廷建築家・片山東熊が、仏ベルサイユ宮殿、英バッキンガム宮殿を参考に、東宮御所(皇太子の住居)として心血をそそいで設計したネオ・バロック様式の建物は、明治天皇から「華美に過ぎる」と言われ、自ら謹慎したというエピソードも知った。

あまり使われないまま、戦後、皇室から国に移管。国会図書館など民間にも開放された。タイトルは忘れたが、戦後も落ち着いてきた頃のある映画で、恋人同士が主庭で会う場面があり、中はこうなのか、映画ロケに使えたのかと目を見張ったことがあった。

一九七四年に国の賓客をもてなす迎賓館になってからは、私など一般人が入ることなど一生あるまいと思っていたがその機会が来た。

 

華麗、重厚、典雅、格調を 備えた日本独自のモチーフ

 

まずは「彩鸞の間」。入るなり「おお!」と声を上げたまま立ちすくんだ。七メートル余りの高い天井と壁がカーブでつながる大広間のすべて が白と金。豪華なシャンデリア三基が室内を輝かす。向かい合う一〇枚の大鏡は無限連続をおこして広大な部屋をさらに広く見せ、ウィーンなどで見学した宮殿に立つようだ。

当間はナポレオン時代に流行した アンピール(帝政)様式というそうで、装飾は軍事モチーフが多く、刀剣や西洋の軍隊兜、左右にライオンを従えた日本の鎧甲冑一式も主張する。翼のある馬・ペガサスなど空想 の動物たち。半人半獣のスフィンクスはエジプト遠征したナポレオンの事跡によるか。部屋名の由来、架空の鳥「鸞」は暖炉に立体で留まり、 雄大にひろげた両翼、長い首の頭には宝冠のように三つの玉がある。

そのすべてが金色塗装ではない純 「金箔」だ。「金」はやはり豪華。そこに置かれた椅子は深紅。表敬の賓客をまず迎える控の間として華やかさはこのうえない。透かし装飾の円 窓は空調窓で、明治四二年にしてすでにこの設備が組み込まれたそう だ。持参の小型双眼鏡で装飾細部を観察していると興味は尽きないが、 次の間へ。

「花鳥の間」は一転して落ち着いた 茶褐色の木の内装で、木組みを額縁 にフランス画家による油絵やゴブラ織で埋められ、日本の七宝による 花鳥画が連続する。十六世紀フランスのルネサンス「アンリ二世様式」とあるが、西洋様式建築の基本は石で、木の内装はなく、もしあっても塗装するだろう。この木目を生かした木肌は「木の国・日本」を表したかったのではないか。扉上の半裸女神も木彫だ。当間は公式晩餐会用で、 机に正餐用食器一式も展示される。

 

美智子皇后の着物姿に心を和ませて

 

謡曲「羽衣」にちなむ「羽衣の間」は、中二階にオーケストラボックスを設けた舞踏会の部屋で、バイオリン、ラッパ、太鼓、コントラバス、ハープ、日本の琵琶など楽器モチーフの装飾が楽しい。ここで催された、オー ストリア共和国大統領夫妻を招いた ウィーン・フィルハーモニー五重奏 団演奏会の写真の、天皇皇后両陛下 のリラックスされた様子がとてもよい。美智子様は上品な薄藤色の着物姿。音楽は平和の象徴だ。

部屋から部屋に移動する廊下の白 一色の装飾、照明なども目が離せな い。迎賓館は二階建てで公用室は二 階にある。正面玄関に入り、イタリア産大理石の上に敷きつめられた赤絨毯の階段を上がると大ホールとなる。手すりの装飾灯、大鏡など、迎賓館で最も贅を凝らした場所だ。大きな柄模様が華麗な紫大理石のエンタシス丸柱の柱頭は、吹き上げるようなコリント式で黄金に光り、これほど見事な柱は見たことがない。

「朝日の間」に入る両側の大作油絵に注目した。「美術」と「音楽」をテーマに未来の芸術家をめざす若者の群 像の作者は小磯良平。西洋画法をマスターしたアカデミックな人物画で この人の右に出る画家はなく、古いと思われた建物に新しい絵があるの がうれしい。建物は保存遺産ではなく現役で使われ、改良されているの だ。若者たちがデッサンに励んでい る「美術」は私の若い頃と重なり、じっと見入った。

朝日を浴びた女神が白馬の四頭立て馬車を走らせる大天井画による 「朝日の間」は、国公賓のサロンで、 アカンサス葉、月桂樹、コリント式 列柱など、一八世紀末、ルイ一六世 時の厳格なフランス古典様式が見ごたえがある。

「彩鸞の間」の華麗、「花鳥の間」 の重厚、「羽衣の間」の典雅、「朝日の間」の格調。見どころは、ヨーロッパ爛熟期の建築様式に忍び込ませた 日本のモチーフだった。

 

平和の象徴としての迎賓館の価値を思う

 

館内を出て主庭にまわると大きな噴水だ。真ん中の高い盃台に向け四 方八方、取り囲む池の水中からも盛 大に水を噴き上げ放射している。盃台基壇には、大翼を背負い片脚を盾にかけた想像上の獣のブロンズが四方を固めて目を剥き、さらに縁まわりには亀がいくつもちょこんと乗るのがいい。この噴水は国宝なのだそうだ。大噴水をシンボリックに置いた迎賓館庭園は優雅に散歩する雰囲気がある。

最後に正面にまわった。左右一二五メートルの雄大な建物は白灰色一 色に金と緑が色を添える。正面玄関上ファサードには皇室の菊のご紋章、建物両翼上の青銅の大球に金の星をちりばめ、黄金の霊鳥が四方をにらむモニュメントは、副紋の七五 の桐。玄関の屋根には、武人である明治天皇の威光を示す、阿吽でそびえる巨大な青銅の大鎧甲冑が鎮座し て日本の宮殿であることを強調す る。正面は威厳、主庭は優雅。

離れて見ると、堅牢な石造りの建物に、今そこにいた二階の間の灯が温かい。この温かな平和が迎賓館の価値であることをねがった。

迎賓館赤坂離宮

[住]港区元赤坂2-1-1
[問]03-5728-7788(テレフォンサービス)
[休]毎週水曜(5月3日は開館)
[一般公開について] ①前庭 入場自由、無料、申込不要。正門から入場し、受付検査の後、観覧(10:00~ 17:00)16:30受付終了。②本館及び主庭 当日の整理券と事前予約の併用、有料。 インターネットで事前予約、抽選により参 観許可証が交付される。西門から入場し 料金は、大人1,000円、中高生500円、 小学生以下無料。16:30受付終了。 ③和風別館  事前予約、有料。ガイドツアーによる参観。 インターネットによる事前予約、抽選により 参観許可証が交付される。西門から入場し料金は、大人1,500円、中高生700円。 本館及び主庭の参観も可能。 ※インターネットでの事前申込など、詳細は内閣府 ホームページをご覧ください。

おおた かずひこ

 グラフィックデザイナー・作家。 『太田和彦の東京散歩、そして 居酒屋』(河出書房新社)他。


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club