シチュー三昧

~男一人の洋食屋~

 

時には洋食の名店でシチューのランチと洒落てみたい。
芳醇なソースの香り、煮込まれた肉塊……ちょっと高値で、若かった頃のレストランの憧れはシチューだった。
ビーフシチューあり、タンシチューあり︑、ホワイトシチューも見逃せなかった。
昼どきに、酒っ気もなく、じっくりとシチューのソースを味わうのも大人の男の贅沢なひとときなのだ。
&nbsp

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

名店のビーフシチューに狙いを定めて

 

 たまにはレストランでおいしいものをいただいてみたいが、身支度して、ワインとって、フルコースもおおげさだ。もっと気軽にしたい。

 ランチだな。せっかく行くのなら評ある老舗にしよう。そういう店の味や居心地を知っておくのもよいことだ。一度入っておけば、どなたかをお誘いもできる。

 気に入れば夜に本格的なコースも。結婚記念日に家内を喜ばせてやるか。 娘の卒業式の夜、連れていってやるか。 男同士は居酒屋でよいが、女性を誘うにはやはりレストランだろう。

 そういう楽しみも秘めて、とりあえず大人の男の一人ランチ。しかし何を注文しよう。レストランだから前菜 スープ、魚、肉と何でもある。誰かと一緒なら相談する楽しみもあるが、一人では自分で決めない限り永遠に決まらない。メニューを開いてから迷うよりも決めておこう。昼だから単品、ハンバーグじゃ子供っぽい。

 そうだ〈ビーフシチュー〉だ。これのないレストランはない。よーし決めた。

 台東区根岸の「香味屋」は、装丁家・佐野繁次郎の独特の書き文字ロゴとともに、老舗レストランとして名高い。下町の雰囲気を残す町並みに控えめな玄関を入ると、中はたいへん広く明るく、アイボリーホワイトのテーブルクロスをかけた四人がけテーブルがゆったりと配置され、ビュッフェなどの絵がかかる落ち着いた雰囲気だ。

 繁華街ではない場所だから、そんなに混んでないだろうと思いきや、一階はゆったり食事するグループで満席、周り階段から二階席へ案内され着席した。

「いらっしゃいませ」
 フォーマルな黒スーツに蝶タイのウ エイターが厚いメニューブックを置いた。
「ビーフシチューを願います」
「うけたまわりました」
 待つことしばし。天井高く、花模様のレースカーテンを透かせた光がさんさんと入り、これはよい席だ。春の午後、よい年齢の男一人客もわるくないな。

……続きはVol.39をご覧ください。

おおた かずひこ

グラフィックデザイナー、作家。BS11の「太田和彦の ふらり旅 新・居酒屋百選」(毎週日曜日よる9:00~9:54)が好評放映中。
こちらの記事もどうぞ

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/conex-eco/www/conex-eco.sakura.ne.jp/wp-content/themes/comoleva2016/content.php on line 152

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial