new 22.06.28 update

親密なつながりと必要なものが全て揃う、わが町の商店街

2014年7月1日号「街へ出よう」より


地域に根ざした商店街には、路上で買い物ができてしまう気軽さ、
何度も前を往復して品定めができる気安さがある。
夕餉の一品をお店のご主人やおかみさんと会話しながら選ぶ楽しみもある。
今もなお、昭和の面影を残した下町情緒あふれる商店街、
そこには日常を一生懸命生きる人々との出会いがあり、憩いの場がある

戸越銀座商店街にて 写真は筆者 photograph by Yasukuni

商店街を歩く

~日々の営みがいとおしくなる場所~

文・太田和彦


東京一長い商店街〝戸越銀座商店街〟

 星野博美さんのエッセイ『戸越銀座でつかまえて』(朝日新聞出版)は、ひとりの女性として結婚もせず自由に生きることを通してきた著者が、おしゃれな子連れマダムがカフェでおしゃべりしている吉祥寺から、故郷戸越銀座の実家に41才で帰ってくるところから始よる。10代に「いつかここを出る」と決意して実行し、数十年を経て戻って、再び住み始めたのだが初めはおおいにとまどった。
 例えば歩いていて挨拶すべき人が大勢いること。それは「一、顔に見覚えはあるが、知らない人。二、顔と名前は一致するが、親の知りあいというだけで自分は直接知らない人。三、親も自分もよく知っていて、仲のいい人。四、よく知っているが、あまり良好な関係とはいえない人。五、よく知っていて関係も良好だが、話の長い人。」と分類され、対応「無反応」「なんとなくスルー」「曖昧な会釈」「確固たる会釈」「はっきり挨拶」「積極的に会話」「できれば回避」を瞬時に選択する。よた、商店街の雑踏に父や母の姿を見かけるととっさに電柱に隠れたり、コンビニに入ったりして通り過ざるのを待つ。

 それはアパートを出れば誰一人自分を知る人のない解放感とは逆の世界だった。さらにトイレットペーパー一つを買うのにもあれこれ見ているうち”東京一長い商店街” をいつのまにか全往復している自分に気付く。

商店街は親密なつながりと必要なものが全て揃う場所


〈好きですこの街とごしぎんざ〉のアーチが連なる戸越銀座商店街は全長1.3㎞。車の通らない道の両側は、商店また商店が約四百軒。青果、肉、魚、酒、お茶、惣菜、漬物、パンなど食品のみならず、荒物、金物、電器、履物、生花、薬局、文具、本、写真、家具、不動産、リサイクルショップ、美容室、クリーニンダ、医院、進学塾、お稽古教室などの続くのが生活の町であることを示す。多いのは整体、エステ、接骨で、全身疲労・ほぐし・肩・腰・足ツボなど60分2980円は安い。靴やバッグのリフォーム、洋服お直しもとても多く、体も靴も衣服もすべて修理して使うのはたいへん結構。脇筋にちょっと遠慮気味に質屋があるのも納得だ。
 中華食堂や蕎麦屋。寿司処のセットメニューは〈なぎさ1350円・わかしお1850円・しおさい2400円・さざなみ2900円〉これなら気軽に入れるな。魚屋の店頭で焼いているいろんな焼魚がうまそうだ。歓楽街ではないので居酒屋や酒場は案外ない。殆どは二階が住まいらしく晴天に布団を干している。上に猫もいる。


 その両側を見ながらゆっくり歩いた。一店ですべてまかなってしまう大型店はなく、家族経営の専門店ばかりが続く親密な安心感がいい。気づいたのはみな路上で買い物ができてしまう気楽さ。デパートや大型店の建物に入る息苦しさはなく、何度も前を往復して品定めができる。脇道には、おお!「戸越銀座温泉」だ。午後3時から深夜1時まで、日曜は8時から12時までの朝湯あり。「月の湯」は天然黒湯温泉・露天風呂・水風呂・サウナ・寝風呂・座風呂・超音波風呂、「陽の湯」は軟水炭酸泉(美肌の湯)・遠赤外線サウナ・電気風呂・スーパージェットバスと至れり尽くせり。買い物して、風呂入って、飯食って、整体して……、生きてゆくすべての手当てがここにある、いや葬儀社もあった。

宝物のような眺めと心豊かなひととき

 道に面している焼鳥屋で数本買い、路上机でビールを飲みながら通りを眺めた。暮れゆく夕方を前に、ベビーカーを押す若いお母さん、買い物カートを頼る老人、医院から出てきた看護師さん、なんだか若いカップル、外回りらしいスーツの会社員、部活帰りの中学生など、誰もがゆっくり歩き、自転車を引いてゆく。ランドセルの女の子が数人、道角に座り込んで何か見ているのは宝物のような眺めだ。ここには平和がある。人の世を見ているのはなんと心豊かなことか。
 星野さんは終章でこう書いている。〈若い頃、そういった下町のコミュニケーションが私は煩わしくて仕方がなかった。正直言えば、軽んじていた。人生には、そんなことよりもっと大切なことがあるだろう。(中略) いまはそのすごみがよくわかる。母はここで半世紀─父の場合は一生1 小さな反目や敵対はあっただろうけれども、さしたる波風は立たず、かといってここにどっぷりつかるわけでもなく、付き合いを断絶するわけでもなく、微妙な距離を保ちながら、この地域の人々と友好関係を築いてきた。並犬抵のことではない。母の生き方を真似しようとは思わない。それはさすがに無理だ。しかしせめて爪の垢くらいは煎じて飲みたい。だから私は、今日も商店街へ出かけるのだ。〉
 商店街に学んだのは、毎日の人生を肯定してゆく姿だった。

1 2

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!