new 22.06.28 update

明治天皇の鎮魂と遺徳を伝える「聖徳記念絵画館」その堂々たる建築 

2017年7月1日号「街へ出よう」より


かつて青山練兵場があった30万平方メートルの明治神宮外苑。
文化芸術、心身の鍛錬の場となるべく球場や球戯場などの諸施設が並び、
その中心にあるのが、聖徳記念絵画館である。
御降誕から大喪の儀まで、明治天皇と昭憲皇太后のご事績を
80枚の絵画で展覧できる壮大な美術館を訪ねて、
「明治150年」に思いを馳せるよすがとしたい。

photograph by Yasukuni

 

大建築を見る
聖徳記念絵画館
激動の明治時代を絵画でたどる


文・太田和彦



明治天皇の鎮魂と遺徳を伝えるにふさわしい建築


 青山通りから脇に入る、長さ300メートルの銀杏並木は東京で最も美しい場所と言えるだろう。初夏の若葉、真夏の緑、秋は黄金色、冬の落葉は金色の絨穂となる。四列の並木は奥に行くほど少しずつ背を低くして求心性を強調してある。その正面が重要文化財「聖徳記念絵画館」だ。明治42年、皇太子の住まいに建てた東宮御所(現迎賓館赤坂離宮)の雄大華麗に比べ、中央正面に丸いドームを置いた左右両翼。花崗岩を積み上げた灰色一色の外観は神聖といえるが、明治天皇の遺徳を伝える絵画を展示する建物だからだ。

 大正8年起工、7年を費やして15年竣工。その間大正12年の関東大震災時は工事を中断し、建築足場で敷地内に病院、浴場、公営市場などを造って罹災者6400人を収容したのは、遺徳に奉じるという建物の趣旨にかなえたのだろう。
 正面大石段を上がった四角いホールは直線を主体に構成。並ぶ灰色大理石柱の垂直に導かれるように見上げる27メートル上は一転して、四方を回廊風に囲んで直径15メートルの白一色円形ドームを椀を伏せたように乗せる。開けた天窓から差す自然の光はおのずと聖性を醸しだす。

 ホールは直線直角、天井は包容する曲線と明快に分けた設計は、同時代のウィーンでおきた新建築様式「セセッション」と共通し、私のいちばん好きな建築様式だ。「鎮魂と遺徳」を旨として、生命感のある植物などの華美な彫刻は置かず、連続模様、控えめなアクセント金鋲、要所の紋章レリーフなどの抽象装飾は永遠性を高め、人工着彩の全くない天然石と白石膏だけの色合いがさらに禁欲性を表す。華美を慎みながらもほとばしる設計者、施工者の祈りのような意識の高さ。崇高と装飾、古典とモダンの調和はすばらしい。
 見どころは、ここだけは少し彩りをと考えたような青、茶、赤などの大理石を駆使した床だ。そのすべてが岡山、山口、愛媛、群馬、福島などの国産天然大理石。赤坂離宮はイタリアなどの輸入大理石で造られたが、こちらは日本産を意識し、各地の大理石を調査することから始めたそうだ。


 世に「石好き」はいて私もその一人。様々な大理石の色合いや柄模様を見るのは楽しみだ。それとなく探しているのは化石で、案の定、地階に行く階段室に〈約3億年前、古生代の化石〉と小さく表示されて渦巻型が見えた。

中央ドーム頂点の高さは地上32メートル、 大正の叡智を結集させた強固な洋風建築である。資材は、床の一部に朝鮮産が含まれているが、ほとんどは国産品を使用している。天皇家を象徴する菊の花の紋章が床や天井などに取り入れられている。

1 2

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!