イギリス風景画の巨匠 ターナー 風景の詩(うた)

イギリスを代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775~1851)は、自然の様々な表情を優れた技法で表現し、フランスの印象派をはじめ、多くの芸術家に影響を与えました。本展はターナーの水彩、油彩、版画作品約120点を、「地誌的風景画」「海景─海洋国家に生きて」「イタリア─古代への憧れ」「山岳─あらたな景観美をさがして」という4つ章にわけ、紹介します。

《モンテ・マリオから見たローマ》 1820年 水彩、スクレイピングアウト・紙 29.8×41.5cm エディンバラ、スコットランド国立美術館群 ©Trustees of the National Galleries of Scotland

《セント・オールバンズ・ヘッド沖》 1822年頃 水彩・紙 39.8×68cm ハロゲイト、メーサー・アート・ギャラリー ©Mercer Art Gallery, Harrogate Borough Council

「イギリス風景画の巨匠 ターナー 風景の詩(うた)」 5組10名様

会期平成30年4月24日(火)~7月1日(日)
会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開館時間10:00~18:00(5/9、5/16、6/26~30は19:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休館日月曜日(4/30は開館、5/1も開館)
観覧料一般1,300円 大学・高校生900円、65歳以上1,100円、中学生以下無料)
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページ http://www.sjnk-museum.org/

応募〆切4月20日[金]

新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club