「建築の日本展」入館者40万人達成! 「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」開催中~9月17日迄

丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など日本人建築家たちは、世界で高い評価を得ています。六本木ヒルズ・森美術館15周年記念として開催される本展は、未来へ紡ぎたい、日本建築のわざ、こころ、かたちを、縄文の住居から最新の現代建築まで、100のプロジェクトを通して日本建築の本質を追及しています。千利休作の茶室、国宝《待庵》を原寸で再現した庵、丹下健三の自邸を1/3の大きさで再現した巨大模型や、日本の木造文化の技と思想、未来を追求した北川原温の《ミラノ国際博覧か2015日本館 木組インフィニティ》といったスケールの大きな作品をはじめ、みどころいっぱいの展覧会です。建築に興味のある方は、もとより初見の方も、日本建築の奥深さに感動します。

北川原 温 《ミラノ国際博覧会2015日本館 木組インフィニティ》 2015年 ミラノ(イタリア) 撮影:大野 繁

伝千利休《待庵》安土桃山時代<16世紀>/2018年(原寸再現) 制作:ものつくり大学*参考図版

安藤忠雄 《水の教会(星野リゾート トマム)》 1988年 北海道 画像提供 星野リゾート トマム

会期    2018年4月25日(水)~ 9月17日(月・祝)  会期中無休
開館時間  10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
会場    森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

料金    一般  1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子供(4歳~中学生)600円 シニア(65歳以上)1,500円

公式HP   https://www.mori.art.museum/jp/

■「建築の日本展」入館者40万人達成記念! 「シャープ 三スケ」 を数量限定で発売決定!

建築やデザインの仕事に携わっている方、勉強されている方のマストアイテム「三角スケール」(通称 三スケ)。このたび、本展入館者40万人達成を記念して、三スケとシャープペンシルのハイブリッドモデル 「シャープサンスケ」を数量限定で発売。森美術館カラーのレッドと定番カラーのホワイトの2色で、森美術館と「建築の日本展」のロゴが入った本展限定の商品です。入館者50万人達成を祈願して、各色50本の限定販売です。


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club