国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」

オルセー美術館のボナール・コレクションが来日します。そのうち約30点は初来日の作品です。世紀末のパリでナビ派の一員として出発したボナールは、浮世絵の影響を受け、躍動的であり装飾的な作品から「日本かぶれのナビ」の異名をとったほど日本美術へ傾倒した画家です。また、動物を愛し、2300点あまりの作品のうち700点ほどは動物を描き込んでいます。本展では絵画はもちろん、素描や版画、写真といったさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。

ピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》1912年頃 油彩、カンヴァス 78×77.5cm  オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

② ピエール・ボナール《庭の女性たち》1890-91年 デトランプ、カンヴァスで裏打ちされた紙(4点組装飾パネル) 160.5×48cm(各) オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

ピエール・ボナール《大きな庭》1895年 油彩、カンヴァス 168×221 cm オルセー美術館  © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」 5組10名様

会期2018年9月26日(水)~12月17日(月)
会場国立新美術館
開館時間

10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで。9月28日(金)、29日(土)は21:00まで、入場は閉館の30分前まで)

休館日火曜日
観覧料一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttp://bonnard2018.exhn.jp/
応募〆切9月25日(火)

新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club