『円山応挙から近代京都画壇へ 』

円山応挙から呉春、竹内栖鳳、上村松園まで、江戸中期から昭和初期までの円山・四条派の作品が勢ぞろい。応挙晩年の最高傑作大乗寺襖絵も特別展示され、重要文化財8件を含む約100件の名品は見応えがあります。本展は前期後期で大展示替えがあります。

円山応挙、寛政7 年(1795)、兵庫・大乗寺蔵、東京展のみ・通期展示

円山応挙から近代京都画壇へ 5組10名様

会期 前期:8月3日(土)~9月1日 後期:9月3日(火)~9月29日(日)
会場 東京藝術大学大学美術館  [問] 03-5777-5600(ハローダイヤル)
公式HP https://okyokindai2019.exhibit.jp/
応募〆切 8月15日(木)

 


good fellows

おすすめ美術展

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club