コートールド美術館展 魅惑の印象派

英国の実業家サミュエル・コートールド(1876~1947)が収集したフランス印象派・ポスト印象派を核にして、コートールド美術館は1932年に開館しました。マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワールが第一回印象派展に出品した記念碑的作品の《桟敷席》、セザンヌ《カード遊びをする人々》、ゴーガン《ネヴァーモア》など巨匠たちの代表作が並ぶ美術館です。

コートールドは、フランスの印象派・ポスト印象派の作品がまだ広く評価されていない英国の状況を憂い、個人の収集だけでなく、国の美術館が作品を購入するための基金を創設し、1920年代に精力的に収集を行いました。コートールド美術館は、研究機関という側面も持ちます。

セザンヌの作品では、コートールド旧蔵の個人蔵の作品を含めた10点、マネ、ルノワール、ドガ、ゴーガン、ロートレックなどの傑作が来日します。

エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

クロード・モネ《アンティーブ》1888年 油彩、カンヴァス 65.5×92.4cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

ポール・ゴーガン《テ・レリオア》1897年 油彩、カンヴァス 95.1×130.2cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

サミュエル・コートールド肖像写真

コートールド美術館 外観

「コートールド美術館展 魅惑の印象派」 5組10名様

会期 2019年9月10日(火)~12月15日(日)
会場 東京都美術館 企画展示室
開室時間 9:30~17:30(金曜日は20:00まで 入室は閉室の30分前まで)
休室日 月曜日、9/17(火)、9/24(火)、10/15(火)、11/5(火)
ただし9/16(月・祝)、9/23(月・祝)、10/14(月・祝)、11/4(月・休)は開室
観覧料 一般1,600円 大学生・専門学校生1,300円 高校生800円、65歳以上1,000円
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページ https://courtauld.jp
応募〆切 9月8日[日]

 


good fellows

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club