ピーター・ドイグ展

 ロマンティックかつミステリアスな風景を描くスコットランド生まれの画家、ピーター・ドイグ(1959~)の日本初個展が開催されます。1994年に名誉ある「ターナー賞」にノミネートされてからは、名だたる美術館で作品が収蔵されるようになり、個展も開催され、代表作の一つ《のまれる》は、2015年のクリスティーズ・オークションで、約2,600万ドル(当時約30億円)で落札されたのでした。

 3章で構成される本展では、主にロンドンで描かれた初期から2002年までの作品、続いてトリニダード・トバコに移住した2002年から現在までの作品、そして、映画の直筆ポスター「スタジオフィルムクラブ」を日本で初めて公開します。初期作から最新作まで、約70点が出品され、幅3メートルを超える大型作品も複数出品されます。

会期:2020年2月26日(水)~6月14日(日) 10月11日(日)*会期延長
会場:東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
開館時間:10:00-17:00 *入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日[ただし8月10日、9月21日は開館]、8月11日(火)、9月23日(水)
【日時指定チケットの導入について】
入館には事前にチケットのご購入が必要となりました。
⇒ 購入はこちら から
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

error: Content is protected !!