new 20.09.11 update

もうひとつの江戸絵画大津絵

会期:2020年9月19日(土)~11月8日(日)

会場:東京ステーションギャラリー

 大津絵は、江戸時代初期より東海道の宿場大津付近で量産された手軽な土産物で、わかりやすく面白みのある絵柄です。全国に広まりましたが、安価な実用品として扱われたためか、現在残されている数は希少です。
 近代になって、多くの文化人に注目されるようになり、文人画家の富岡鉄斎、洋画家の浅井忠、民藝運動の創始者である柳宗悦などが、大津絵の価値を認め所蔵するようになりました。
 本展は、目利きたちが所蔵した名品ぞろいの約150点が一堂に会します。

《瓢箪鯰》日本民藝館蔵
​《鬼の行水》 日本民藝館蔵

《傘さす女》 笠間日動美術館蔵

開館時間: 10:00~18:00 金曜日は~20:00 ※最終入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(9/21、11/2は開館)
入館料:一般1,200円、高校・大学生1,000円、中学生以下無料
入館チケットは、日時指定の事前購入制となっております。
公式サイトhttp://www.ejrcf.or.jp/gallery
問い合わせ:℡.03-3212-2485

鑑賞券プレゼント:5組10名様

応募〆切:9月25日(金)

 

応募する