「138億光年 宇宙の旅」


開催期間:11月21日(土)~21年1月24日(日)
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室(恵比寿ガーデンプレイス内)

 設立から60年余り、宇宙開発や天体観測に偉大な功績を残してきたNASA(アメリカ航空宇宙局)ですが、本展では、NASAの画像を中心に観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡などがとらえた天体写真が展示されます。それは、サイエンスでありながら、アートのようで見るものを魅了します。

 また、2020年はハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げ30周年を迎え、火星探知機マーズ・リコネッサンス・オービターの打ち上げ15周年など記念すべき節目の年になっております。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさを体感したいものです。


「ソンブレロ銀河」とも呼ばれる楕円銀河M104
ハッブル宇宙望遠鏡による観測
NASA and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)
木星の南半球の嵐と雲
木星探査機ジュノーによる観測
NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS

開館時間:9:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日休館)、年末年始(12月29日(火)から1月1日(金・祝)は休館)
入館料 一般1,000円 学生800円、中高生・65歳以上600円 
お問い合わせ:03-6427-2806(クレヴィス:平日10時~18時)

鑑賞券プレゼント:5組10名様

応募〆切:11月20日(金)

 

応募する

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial