『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』


4月19日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国公開

(C) 2018 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved

1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われています。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?欧米で活躍する歴史家、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元に、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫るドキュメンタリー映画です。

■スタッフ・キャスト
トニ・セルヴィッロ(『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『修道士は沈黙する』)
原案:ディディ・ニョッキ 
監督:クラウディオ・ポリ 
字幕監修:中野京子(作家/『怖い絵シリーズ』)

■作品
2018年/イタリア・フランス・ドイツ合作/イタリア語・フランス語・ドイツ語・英語/ビスタサイズ/97分/
英題:HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS    
字幕監修:中野京子(作家/『怖い絵シリーズ』)/日本語字幕:吉川美奈子


新着記事

おすすめ記事

玉川学園前 ~学生街の大人の居場所~

西洋アンティークのあるお店

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club