ムンク展 ─ 共鳴する魂の叫び

エドヴァルド・ムンク(1863~1944)は、ノルウェーを代表する画家・版画家です。オスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画を加えた約100点が展示されます。

《叫び》をはじめ、青年期に描いた家族や友人の肖像画、鮮やかな晩年の風景画など、60年に及ぶ画業の全貌を紹介する大回顧展です。

エドヴァルド・ムンク《叫び》1910年? テンペラ・油彩、厚紙 83.5×66cm

エドヴァルド・ムンク《病める子Ⅰ》1896年 リトグラフ 43.2×57.1cm

作品はすべてオスロ市立ムンク美術館所蔵 All Photographs ©Munchmuseet

エドヴァルド・ムンク《自画像》1882年 油彩、紙(厚紙に貼付)26.5×19.5cm

「ムンク展 ─ 共鳴する魂の叫び」 5組10名様

会期2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
会場東京都美術館 企画展示室
開室時間9:30~17:30(毎週金曜日、11月1日(木)、11月3日(土・祝)20:00まで。
入室は閉室の30分前まで)
休室日 月曜日(ただし、11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室)
12月25日(火)、1月15日(火) 年末年始休館 12月31日(月)、1月1日(火・祝)

観覧料一般1,600円 大学生・専門学校生1,300円 高校生800円、65歳以上1,000円
*12月は高校生無料、第三水曜日は65歳以上無料(証明できるものの提示が必要)
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttps://munch2018.jp
応募〆切10月31日[水]

応募する

新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club