吉村芳生 超絶技巧を超えて

現代アート界の異色の画家・吉村芳生の全貌を62件600点以上の作品により3部構成で紹介します。

吉村芳男は、1950年山口県生まれ。版画のフィールドで内外の美術展に出品を重ね、いくつかの美術館に収蔵されるなど、高い評価を得ましたが、一部の評価にとどまっており、知名度の高い作家ではありませんでした。

それが、2007年、吉村が57歳の時、森美術館で開催された『六本木クロッシング2007 :未来へ脈動』展に出品された作品群が大きな話題を呼びました。しかし快進撃を続けたあと、2013年に突然亡くなってしまいました。

本展は、日常生活の中で目にするありふれた風景をモノトーンのドローイングや版画で表現した初期の作品群、色鉛筆を駆使してさまざまな花を描いた後期の作品群、そして生涯を通じて描き続けた自画像の数々など、中国・四国地方以外の美術館では初めて開催される吉村芳生の個展です。

《ジーンズ》1983年、鉛筆/紙、個人蔵

《無数の輝く生命に捧ぐ》2011-13年、色鉛筆/紙、個人蔵

「吉村芳生 超絶技巧を超えて」 5組10名様

会期2018年11月23日(金・祝)~2019年1月20日(日)
会場東京ステーションギャラリー
開館時間10:00~18:00(毎週金曜日は20:00まで 入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日(火)、12月29日(土)~1月1日(火・祝)
入館料一般900円 高校・大学生700円、中学生以下無料
お問い合わせ03-3212-2485
ホームページhttp://ejrct.or.jp/gallery/
応募〆切11月30日[金]

新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club