特別展「国宝 東寺 ─空海と仏教曼荼羅」

東寺といえば、美しい五重塔が思い浮かびますが、唐で新しい密教を学んで帰国した弘法大師空海が、823年に嵯峨天皇から東寺を賜り、真言密教の根本道場としたものです。

「後七日御修法」は、空海によって始められた真言宗で最重要の秘密の儀式ですが、本展ではこの道場が再現されます。また、密教美術の最高峰と言われる東寺には、数多くの曼荼羅が所蔵されておりますが、貴重な両界曼荼羅図も公開されます。

空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の立体曼荼羅のうち史上最多となる国宝11体、重要文化財4体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など東寺の名宝が一堂に会します。

国宝 密教法具 中国 唐時代・9世紀 東寺蔵

国宝 兜跋毘沙門天立像 中国 唐時代・8世紀 東寺蔵

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

国宝 風信帖(ふうしんじょう)(第一通) 空海筆 平安時代・9世紀 東寺蔵 [展示期間:3月26日(火)~5月19日(日)]

特別展「国宝 東寺──空海と仏教曼荼羅」 5組10名様

会期2019年3月26日(火)~6月2日(日)
会場東京国立博物館 平成館
開館時間9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)*ただし会期中の金曜、土曜は21:00まで開館
休館日月曜日、5月7日(火)*ただし4月1日(月)(東寺展示会場のみ開館)、29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館
観覧料一般1,600円 大学生1,200円 高校生900円
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttps://toji2019.jp/
応募〆切3月末日[日]

 


コモレバ読者イベント

新着記事

おすすめ記事

祖師ヶ谷大蔵 ~ウルトラマンと歩く商店街再び~

シチュー三昧

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club