ルート・ブリュック 蝶の軌跡

北欧・フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュックは、名窯アラビアの専属アーティストとして約50年にわたり活躍しました。

本展は、約200点のセラミックやテキスタイルなどを通じて、その多彩な仕事を日本で初めて網羅する展覧会です。前期から後期へとドラマティックに変化する作風も魅力的ですが、日本人がこれまで親しんできた「明るく、愛らしい」というフィンランドの既存のイメージが刷新されるような作品が並びます。

ブリュック没後20年、日本とフィンランド外交樹立100周年にあたる2019年、多ジャンルに及ぶブリュックの仕事や感性に魅了されます。

ルート・ブリュック|Rut Bryk Photo: Tapio Wirkkala

《ライオンに化けたロバ》1957年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵 Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

《ヴェネチアの宮殿:リアルト橋》1953年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵 Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」 5組10名様

会期 2019年4月27日(土)~6月16日(日)
会場 東京ステーションギャラリー
開館時間 10:00~18:00(毎週金曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで)
休館日 4月29日、5月6日、6月10日をのぞく月曜日、5月7日(火)
観覧料 一般1,100円 高校・大学生900円 中学生以下無料
お問い合わせ 03-3212-2485
ホームページ http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
応募〆切 4月26日[金]

 


good fellows

コモレバ読者イベント

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club