特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品─雪舟、永徳から光琳、北斎まで─」

本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』─皇室の至宝・国宝プロジェクト─」の一環として開催する特別展です。皇室ゆかりの名品である狩野永徳筆「唐獅子図屛風」と永徳最晩年の名品で国宝の「檜図屛風」を会期前半と後半に分けて公開するのに加え、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品が一堂に会します。

平安から近世までの名だたる日本美術の名品をご覧ください。
*クレジット付画像を使用しております。

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品─雪舟、永徳から光琳、北斎まで─」 5組10名様

会期2019年5月3日(金・祝)~6月2日(日)
会場東京国立博物館 本館特別4・5室
開館時間9:30~17:00(金・土曜日は21:00まで 入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日、5月7日(火)ただし、5月6日(月・休)は開館
観覧料一般1,100円 大学生700円 高校生400円
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttps://tsumugu-exhibition2019.jp/
応募〆切4月30日[火]

 


good fellows

おすすめ美術展

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club