山種美術館 広尾開館 10周年記念特別展生誕125年記念 速水御舟

本年は、日本画家・速水御舟の生誕から125年、山種美術館が広尾に開館して10年目になります。

御舟は、23歳の若さで日本美術院同人に推挙され、横山大観や小林古径にも高く評価されました。40年という短い生涯を通じ、およそ700余点の作品を残しましたが、多くの所蔵家の手許に秘蔵され、公開されることが少なかったため、「幻の画家」とも称されていました。

本展では、代表作の《炎舞》《名樹散椿》(ともに重要文化財)や《錦木》などの初期の作品《牡丹花(墨牡丹)》など晩年の作品まで、山種美術館  広尾開館以来、10年ぶりの御舟コレクションの全点公開となります。

速水御舟《翠苔緑芝》1928(昭和3)年 紙本金地・彩色 山種美術館

速水御舟《錦木》1913(大正2)年 絹本・彩色 山種美術館

速水御舟《山科秋》1917(大正6)年 絹本・彩色 山種美術館

速水御舟《炎舞》【重要文化財】1925(大正14)年 絹本・彩色 山種美術館

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟 5組10名様

会期2019年6月8日(土)~8月4日(日)
会場山種美術館
開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日月曜日[7/15(月・祝)は開館、7/16(火)は休館]
入館料一般1,200円 大学生900円 中学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttp://www.yamatane-museum.jp/
応募〆切5月31日[金]

 


good fellows

おすすめ美術展

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club