パナソニック汐留美術館マイセン動物園展

高級洋食器として知られるマイセンですが、本展ではマイセンの動物にテーマを絞った陶磁器が紹介されます。《ライネケのキツネ》や《猿の楽団》といった動物彫刻から壺や皿に描かれた動物まで、リアルでありながらかわいらしいマイセンの超絶的な技法による動物たちが一堂に会します。

約9割の作品が展覧会の初出品ですが、ほとんどが個人蔵のもの。次回の予定は組まれていませんので、この機会をお見逃しなく!

《猿の楽団》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーとペーター・ライニッケ 1820~1920年頃 個人蔵

《人物像水注「四大元素の寓意」》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵

《二匹のフレンチブルドッグ》 エーリッヒ・オスカー・ヘーゼル 1924~1934年頃 J's collection

《二匹の猫》 オットー・ピルツ 1834~1940年頃 個人蔵

「マイセン動物園展」 5組10名様

会期2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)
会場パナソニック汐留美術館
開館時間10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)*8月2日(金)と9月6日(金)は20:00まで
休館日水曜日、8月13日(火)~15日(木)
入館料一般1,000円 65歳以上900円 大学生700円 中・高校生500円 小学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式HPhttps://panasonic.co.jp/ls/museum/
応募〆切6月30日[日]

 


応募する

good fellows

おすすめ記事

祖師ヶ谷大蔵 ~ウルトラマンと歩く商店街再び~

シチュー三昧

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club