9月19日(木)『ホテル・ムンバイ』試写会

9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷他 全国ロードショー

2008年11月29日インドの五つ星ホテルで世界を震撼させた無差別テロが起きた。大都市ムンバイの真ん中で繰り広げられたゲリラのようなテロは、それまで世界が経験したこともないものだった。外国人向けのホテルや鉄道、駅など複数の場所が、イスラム過激派とみられる勢力に銃撃、爆破され多数の人質がとられ、殺害された。犠牲となったのは邦人一人を含む166人(公安調査庁WEB)。2019年7月17日首謀者とみられるイスラム過激派組織ラシュカレトイバ(Let)の創設者である、扇動的イスラム教指導者ハフィズ・サイード容疑者が逮捕された。

(C) 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

特殊部隊が到着するまでの3日間という前代未聞のテロリストの長期籠城、その様子はリアルタイムで世界中に報道された。500人以上の人質のうち犠牲者は32人、そのうち18人がホテルの従業員。多くの命を救ったのは、〝銃〟に立ち向かったホテルの従業員たちの〝信念〟だった。

2001年9月11日アメリカで起きた同時多発テロ以来、悲惨なテロ事件は後を絶たない。年々増える傾向にある。オリンピックを来年に控えた日本、これは対岸の火事ではない。様々な文化を理解し受け入れる、安全な世界を築くことが不可欠だということを再認識させられる。多くの人に観ていただきたい映画である。 配給:ギャガ

■スタッフ・キャスト
監督:アンソニー・マラス
出演:デヴ・パテル『LION/ライオン~25年目のただいま~』、
   アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』、
   ナザニン・ボニアディ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、
   アヌパム・カー『世界に一つのプレイブック』、
   ジェイソン・アイザックス『スターリンの葬送狂騒曲』
■R15+ 原題:HOTEL MUMBAI/2018年/オーストラリア、アメリカ、インド合作/英語/123分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:中沢志乃 

■公式サイト:gaga.ne.jp/hotelmumbai /

日時  2019年9月19日(木) 18:30開映  (18:00 開場

場所  よみうりホール

応募  5組10名様

〆切  9月10日(火)


good fellows

おすすめ美術展

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club