御即位記念特別展「雅楽の美」

雅楽とは舞楽や管絃、歌物(催馬楽(さいばら)・朗詠)、国風歌舞(くにぶりのうたまい)などの総称です。中国・朝鮮から伝来したものが日本在来の歌舞と融合し、宮中儀式楽だけでなく、平安時代には貴族が楽しむ宮廷音楽としても広がりをみせました。また、四天王寺や春日大社では現在でも儀式楽として受け継がれているほか、極楽浄土を思わせることから迎講(むかえこう)などの法会においても重要な役割を果たしています。
天皇陛下の御即位を記念する本展では、日本の伝統音楽・芸術である雅楽の歴史と現在を、宮内庁が所蔵する貴重な品々を中心に紹介する特別展です。
会期中、東京藝術大学の学生による演奏や、中村仁美さんによる篳篥(ひちりき)の演奏も予定されています。

狩野永岳《散手・貴徳図衝立》1基 江戸時代 19世紀 宮内庁三の丸尚蔵館 (右:散手図 4/26まで展示 左:貴徳図 4/28から展示)

藤原貞幹(模)《信西古楽図》(部分) 宝暦5(1755)年 東京藝術大学(通期展示 場面替あり)

海野勝珉《蘭陵王置物》明治23(1890)年 宮内庁三の丸尚蔵館(通期展示)

御即位記念 特別展「雅楽の美」 5組10名様

会期2020年4月4日(土)~5月31日(日)
4月4日(土)~4月26日(日)前期/4月28日(火)~5月31日(日)後期
*前・後期で展示替えを行います。
会場東京藝術大学大学美術館
開館時間10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
観覧料一般1,600円 高校・大学生1,000円 中学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttps://www.geidai.ac.jp/museum/
応募〆切3月31日[火]

 


応募する

good fellows

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club