特別展「きもの KIMONO」

鎌倉時代から現代までを通覧する、初めての大着物展が開催されます。本展では、国宝、重要文化財を含む染織作品、屏風や浮世絵などの絵画作品によって、きものの壮大な歴史絵巻を繰り広げます。

信長・秀吉・家康・篤姫など歴史上の著名人が着用したものや、尾形光琳筆の小袖に加え「観楓図屛風」「婦女遊楽図屛風(松浦屛風)」など、きものが描かれた国宝の絵画作品、さらに現代デザイナーによるきものなど200件以上の作品が一堂に展示されます。

重要文化財 縫箔 白練緯地四季草花四替模様 安土桃山時代・16世紀  前期展示4月14日(火)~5月10日(日) 京都国立博物館蔵

陣羽織 黒鳥毛揚羽蝶模様 織田信長所用 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館蔵

振袖 淡紅綸子地宮殿模様 昭和時代・20世紀 千葉・国立歴史民俗博物館蔵

特別展「きもの    KIMONO」 5組10名様

会期2020年4月14日(火)~6月7日(日)
前期展示:4月14日(火)~5月10日(日)
後期展示:5月12日(火)~6月7日(日)
会場東京国立博物館 平成館
開館時間9:30~17:00(金曜・土曜は21時まで開館 *入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(ただし5月4日[月・祝]は開館)
観覧料一般1,700円 大学生1,200円 高校生900円 中学生以下無料
お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページhttps://kimonoten2020.exhibit.jp/
応募〆切4月12日(日)

 


応募する

good fellows

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club