若尾文子さんへ─ぼくは、その時「恋」に落ちた。 文=岡田惠和


What a beautiful life 美しいとき 2012年4月1日号より

スクリーンでは市川崑や増村保造監督作品などの乾いた空気を感じさせるモダニズムというべき作風のなかでどこか屈折した女の微妙な心のひだを演じてみせ、その後のテレビドラマでは、芯は強いながらもつつましやかな女性像を演じ匂い立つようなしっとりとした美しさを見せた若尾文子さん。年輪を重ねてもその艶やかさが褪せない声。そしてセリフの行間に表情をもたせることができる稀有な女優。NHKの連続テレビ小説「おひさま」でも証明ずみです。今回、若尾文子さんの魅力を語るのは「おひさま」の脚本家・岡田惠和さん。若尾文子さんへの思いがしたためられた、すてきなラブレターです。

撮影=渞 忠之  撮影協力:赤坂 口悦


素敵な女性の隣にいる
誇らしさと照れくささ、
そしてドキドキ

 

 若尾文子さんと初めてお会いしたのは2010年のこと。NHK「おひさま」で、ヒロイン陽子の現代の役、そしてナレーションをお願いするためでした。
 もちろん、その場で初めてお願いするわけではなく、一応OKの方向でのお返事をいただいているわけではありお会いして、詳しい役についての説明、こちらの熱意などをお伝えする場です。

 女優さんに会って話をすることにはある程度慣れてはいますし、最近ごく普通に「オーラ」があるとか、ないとかいう「オーラ」なるものにも鈍感な方で、特別緊張することもないのですが、その日だけは違いました。
 都内のホテルのラウンジに、若尾さんがいらした瞬間(とても素敵な洋装でした、まるでヘプバーンみたい)頭が真っ白になりました。
 何を喋ったのか、喋れなかったのか、よく覚えていません。
 いまだに思い出せません。
 覚えているのは、周囲の人の視線を感じたときの感覚。
 なんだか誇らしかった。若尾さんと会話をしていることが。
 あんな気持ちは初めてだと思います。
 こんなこと書いて、失礼になってしまうのかもしれませんが、それはもう、明らかに「恋」なんだと思います。
 大女優と一緒にいるからとか、そういうことではなく、単純に素敵な女性の隣にいる誇らしさと照れくささ、そしてドキドキ。
「恋」なんだと思いました。
 某携帯電話のCMでは、松田翔太さんとのカップルの設定を演じられていますが、あれも納得。若尾さんなら、それがなんだか、ありえるんじゃないかと思ってしまいます。

1 2

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial