オードリー・ヘプバーンとも交流のあった加藤タキさん


「百歳現役」を信じる私が気づいたこと

私の生前整理 2017年1月1日号より

文=加藤タキ
コーディネーター


もったいない精神が
ついつい頭をもたげ

 いやぁ、参ったなぁ……。ムムム、私の日頃の暮らし方を〝覗かれている?〟と思ったほど、実は、この数年私が最優先しなくてはならないテーマが「生前整理ならぬ、日常の整理」。

 真面目な話、多分私は100歳でまだ現役。寿命は120歳と勝手に信じている。根拠? 特にはないけれど、長寿のDNAを継いでいることは間違いない。そういう意味では、「生前整理」には少なくとも30年の猶予があると思っている?!

 現在71歳。寝だめ、爆睡はするが平均睡眠時間は3〜4時間。50年前に仕事を始めて以来、多忙な日々を過ごす。健康だからこそと思うと、真にありがたい。

 整理をしなくては、と毎日思いつつ、気がつけばあっという間に1日ならぬ1年が過ぎ去り、ヤレヤレとうつむいた気持ちで新年を迎える。毎年その繰り返しで、いい加減、そんな自分に辟易する。

 決してモノに執着しているわけではないが、「もったいない精神」が根強く、スーパーの袋や紙袋、花束をいただいたときなどの包装紙やリボンなども大切に〝二次使用〟する。やはり、戦後モノがない時代に明治人の両親のもとに生まれ育ったことも影響しているのだろう。

 とにもかくにもモノがどんどん増える。仕事上の書類や本類はもちろんのこと、衣類もとどまることなく増え続ける。職業柄、テレビ出演や雑誌などの取材、講演、さまざまなタイプのパーティと、人さまの前に出ることが頻繁な私だが、スタイリストをつけることなく全て自前なので、どうしても衣装が増えてしまう。なにせ20〜30代の頃パリやローマなどで購入したファッション類を気に入っていて、いまだに着ている。当時のアクセサリーも大活用中。

明治の母との二代にわたる
整理が私を待っている

 ひと頃すごく太った私は運動に精を出した。が、結局ジム通いに挫折。ある機会に『Shall We Dance?』に触発され、67歳半から本格的に社交ダンスを始めたら、筋肉がつき、体重・体脂肪率も大幅に減り、体型がすっかり30代に戻った。正直に言って、スリムになると装うことがより楽しくなり新しい服が目に見えて増えた。そう、またモノが増えた……。

 42歳で出産したので40代から50代前半は子育て中心の生活。息子関連の写真や、彼が創った作品、描いた絵、幼稚園の3年間ハロウィーンのときに私が徹夜して手作りした衣装など、想い出の品々がいっぱい。息子はもうすぐ30歳になるというのにまだ保存してある!

 加えて、19世紀に生まれた明治人の母の持ち物、いまでは骨董品としても価値があるだけでなく、二度と作れないような着物や帯、器類。そして戦前から国際的に社会活動をし、戦後は初の女性国会議員として28年間活躍。議員を引退した後も、104歳の天寿をまっとうするまで現役で活動していたので、貴重な資料が山ほど残っている。その母が残してくれた私が10代の頃描いた絵が出てきたのには、驚いた……。

 この原稿を書いていたら、いま夫の声がした。

「お〜い、コレ、どうにか処分してね」

 見ると、ウッヒョー、衣類が山積みされているではありませんか! あぁ、どうしよう、遂に、彼は整理に着手した。参ったなぁ……。だって、もったいなくて捨てるわけにいかないから、貰ってもらう人を探したり、私がまず仕分けをしなくてはならない。ヤレヤレ……。

 そうかぁ、この原稿は、タイミング的に〝自分との闘いを促すチャンス〟なのかもしれない。母と私、二代約120年分の整理を息子に遺すわけにはいかない。

そうだッ、「生前整理」を始めよう!


かとう たき
コーディネーター。1945年東京生まれ。米国報道誌を経てショービジネスの世界へ。オードリー・ヘップバーンをはじめ海外アーティストのCM出演交渉や音楽祭などで、国際間のコーディネーターとして先駆的な役割を果たす。現在は、講演、TV、各種委員、著述等、幅広く活動。日本初の女性国会議員のひとり、母・加藤シヅエの志を継いで、AAR Japan[難民を助ける会]の副会長を務めるなど、ボランティアにも励む。

2017年1月1日 Vol.30より
こちらの記事もどうぞ

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial