new 21.12.27 update

岩谷時子の作法

シャンソンと流行歌とミュージカルと

SPECIAL FEACURE 2016年4月1日号より

岩谷時子には大きく3つの顔がある。まずは、宝塚時代に出会い、生涯を通して越路吹雪のマネージャーを務め、「愛の讃歌」をはじめ越路が歌ったシャンソンの訳詞を手がけたこと。次に、「恋のバカンス」「君といつまでも」「夜明けのうた」「恋の季節」「男の子女の子」など流行歌の作詞家としての顔。人気テレビドラマ「サインはV」や「アテンションプリーズ」の主題歌の作詞も岩谷時子である。そして、あまり語られてはいないかもしれないが、劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』『ウェストサイド物語』、東宝の『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などの上演訳詞を手がけ日本でのミュージカルの発展に貢献した功労者としての顔がある。そのすべての仕事からは、岩谷時子の人間性が香り立つ作法のようなものがうかがえる。出会ったすべての人々に「品性の人」と称えられる岩谷時子の大いなる遺産を紹介しよう。

企画協力・写真提供=公益財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団、 草野浩二氏
参考図書=田家秀樹著『歌に恋して ─ 評伝・岩谷時子物語』

文=田家秀樹

「品性」という穏やかなオーラ

こんなに素敵な老婦人がいるんだ―。
 岩谷時子さんに初めてお会いした時の印象はそれだった。
 2006年の冬だ。
 彼女が90歳になる直前である。
 年齢的に言えば、間違いなく〝老〟という言葉をつけざるを得ない。でも、こうやって書きながらでも〝老婦人という呼び方にどこかためらいを感じてしまう。
 しなやかで柔らかな物腰、包み込むむようであどけない笑顔、つつましく控えめな口調、楚々として、それでいて匂い立つようなたたずまい。その場にいるだけで癒やされてしまうような穏やかなオーラは、僕等が思い浮かべる〝老人〟とは相当に違うばかりか、経験したことのないものだった。
 雑誌や新聞などで写真は拝見していたし、そういう人だろうと想像はしていた。でも、作家と呼ばれる人で、文体や作品と実際の人物が一致しないという例は少なくない。
 彼女は、そうではなかった。
 目的は元東芝EMIのプロデューサー、草野浩二氏の提言による「毎日新聞」のための取材だった。それから一年以上続いた連載を書くために定期的に当時、岩谷さんの常宿であった帝国ホテルに向かった。
 それは夢のような時間だった。
 筆者は1946年生まれであり、音楽について書いたり喋ったりすることを生業としている。当然のことながら、
彼女が作詞家として活動していた時代の姿は知らない。
 でも、そうやって会っていた時の彼女は、僕等が日常的に会うアーティストとも明らかに違っていた。
 何が違っていたのか。
 一言で言ってしまえば〝品〟だった。
 業界の匂いがしない。
 俗世間の灰汁や汚れを感じさせない。地位や名誉をひけらかす偉ぶったところがない。成功した人間特有の自己顕示がない。時にユーモアを交えた口調には関西の庶民的な親しみもあった。
 それはまさしく岩谷時子だった。

岩谷時子の名前が訳詞家としてクレジットされるのは1960年代に入ってからで、60年6月にリリースされた森山加代子のデビュー曲「月影のナポリ」(オリジナルはイタリアのカンツォーネ歌手ミーナ)には、訳詞として岩谷の名前が記されている。ザ・ピーナッツも同じ曲を出しているが、ピーナッツ版レコードジャケットには「訳詞千家春」とある。岩谷の別名である。複数の歌手に同じ名前で歌詞を提供することへの申しわけなさ、ためらいのようなものが感じられる、岩谷の人柄をあらわすエピソードではないだろうか。ダニー飯田とパラダイスキングでヒットした「ビキニスタイルのお嬢さん」、フランス・ギャルが日本語で歌った「夢見るシャンソン人形」の訳詞も岩谷である
越路吹雪が歌うシャンソンの訳詞はすべて岩谷が手がけ「愛の讃歌」「ラスト・ダンスは私に」「サン・トワ・マミー」のほか「ろくでなし」「雪は降る」「夢の中に君がいる」「人生は過ぎゆく」など名曲が越路&岩谷のコンビで紹介された。
カバー曲ばかり歌っていたザ・ピーナッツにとって初のオリジナル曲のヒットが「ふりむかないで」で、作曲家・宮川泰と岩谷コンビによる記念すべき第一作。ピーナッツが歌う同コンビの作品は、1963年4月「恋のバカンス」、64年9月「ウナ・セラ・ディ東京」へとつながっていく。
2016年4月1日 Vol.27より

1 2 3 4

サントリー美術館様

特集 special feature 

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!