ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

~監督と女優の二人三脚の映画人生~

SPECIAL FEUTURE 2019年1月1日号より

シナリオライターであり映画監督の新藤兼人。宝塚を経て大映から映画女優としてデビューした乙羽信子。二人の出会いは昭和26年の新藤兼人初監督映画『愛妻物語』。昭和27年の新藤監督作品『原爆の子』には、乙羽は大映の反対を押し切って出演し、それを機に、新藤が創設した独立プロ「近代映画協会」の同人となった。 乙羽はスターの座を捨て、演技者の道を選んだのだ。ここから、監督と女優の42年にわたる二人三脚の映画人生が始まった。 二人はやがて強く惹かれあうようになる。 新藤は「乙羽とは性で結ばれた。その性から愛が芽生えたから苦しむことになった」と著書『ながい二人の道 乙羽信子とともに』で告白している。新藤には妻がいたのだ。 二人が晴れて夫婦になったのは、新藤が離婚してから6年後、前妻の死の2年後だった。乙羽は新藤を「センセ」と呼び、新藤は「乙羽さん」と呼ぶ。 何であろうと新藤のやることに賛成した乙羽を、新藤は唯一の味方だと言った。 それは、男女の関係というより同志としての深い絆だ。 ここに、共に映画人生を全うした男と女の関係が紐解かれる。

企画協力&写真提供=近代映画協会
参考図書=『ながい二人の道 乙羽信子とともに』(新藤兼人著)

新藤兼人&乙羽信子

文=山本保博

結婚届を出した昭和53年、信州蓼科の山荘で寛ぐ新藤と乙羽。27年間の不倫関係を経て、正式に夫婦になれた夫と妻の穏やかな表情が愛おしく感じられる一枚。『本能』『午後の遺言状』はこの山荘で撮られた。

 新藤兼人さんと乙羽信子さん、二人の墓は京都妙心寺の塔頭・衡梅院にある。墓石には新藤さんが書いた優しい文字で「天」とある。二人という文字を重ねると天となる。

 2002年盛夏、当時は乙羽さんだけが眠る墓を新藤さんと訪ねた。京都の夏は、新藤流に表現すれば「焼けたフライパンの底」のようだった。90 歳 の新藤さんは暑いと一言もこぼすことなく、僕が演出するドキュメンタリー の撮影に懸命に応えてくれた。

 スタッフが墓前に供える花を用意していた。菊などの仏花だった。ところが新藤さんは深紅の薔薇の花ただ一輪を望んだ。自分の不明を恥じた。撮影は新藤さんに甘えて仏花ですませた。撮影を中断して薔薇の花を探してくれば良かったと後悔している。

 映画監督と女優。仕事で結ばれた同志、愛で結ばれた男と女。二人にとって仕事と愛は車の両輪だった。そのひとに捧げる花は一輪の薔薇でなければならなかった。

 同じ方向を向き走った二頭立ての馬車は、スタート地点から遙か遠い映画の地平へと駆け上がり、そして天に至った。

乙羽が亡くなる前年の平成5年に撮った夫婦最後の写真。乙羽は嫁入り衣装のつもりの着物に何十年ぶりかで袖を通した。
2019年1月1日 Vol.38より

1 2 3 4 5

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial