23.06.09 update

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

~生誕100年の邂逅に寄せて~

「放浪の天才画家」の異名を持つ山下清は、1922年(大正11)浅草に生まれた。2022年は生誕100年にあたり、昨年から各地で回顧展が開催されている(東京ではSOMPO美術館で6月24日から)。かつて一大ブームを起こした天才画家を巡り、「裸の大将」や「裸の大将放浪記」など映画やテレビドラマのモデルとして偶像化されたが、ほんとうの山下清はどんな人物だったのだろうか。
個人美術館を訪ねることも多く美術への造詣が深い文筆家の大竹昭子さんが久々に山下清の作品を観賞し、あらためて「画家・山下清」の魅力を語った。縛られず飾らず、自由に生き、まったくの独学で生まれた「山下清の世界」は、混沌とする今こそ、すがすがしい世界への誘いなのかも知れない。

▲練馬の自宅アトリエで「貼絵」制作中の山下清(1922~1971)

写真提供:山下清作品管理事務所
© Kiyoshi Yamashita / STEPeast 2023

「放浪の虫」の因って来たるところ

文=大竹 昭子

 山下清というと即座に「放浪の画家」というキャッチフレーズが浮かんでくる。十八歳から三十代半ばくらいまで放浪に明け暮れ、全国をおおむね徒歩で旅してまわった。四十九歳で逝去しているから、長生きするという意味での頑強さはなかったかもしれないが、我慢ならないものから自由になろうとする気持ちは確固としていた。その最たる例が放浪癖だった。

 子どものころは反抗的で、ナイフを振りまわして刃傷沙汰に及ぶこともあったというのに驚く。写真から受ける印象は穏やかで荒れた姿は想像つかないが、それは絵をはじめてから備わったものであり、それ以前は人にバカにされたり、侮辱されると、過激な行動に走らずにはいられないほど内に熱を秘めていた。手を焼いた母は、彼が十二歳のときに千葉の八幡学園という養護施設に入れる。そこからだった、彼が変わっていったのは。

▲《蝶々》1934(昭和9)年 貼絵 12×17cm 山下清作品管理事務所蔵© Kiyoshi Yamashita / STEPeast 2023
小学校時代、吃音などからいじめにあった清の唯一の友だちは昆虫だった。初期の作品は、「はえ」「ホタル」「とんぼ」など昆虫ばかりが題材だった。

 図工の授業で「ちぎり絵細工」に出会い、自分では制御できない力を放出する方法を会得した。絵にむかっているときは、周囲は目に入らず、負のエネルギーをポジティブに転じることができたのだ。

 清の絵が世間の知るところとなったのは、知的障害児の心理を研究していた早稲田大学の先生が彼の絵に着目し、大学で展覧会を開催したのがきっかけである。この展示が大評判となり、美術雑誌にいまでいうアウトサイダーアートの特集が載ったのだが、そのときに作品の選定にあたったのが、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった画家の安井曾太郎だった。安井はカラー図版のほとんどを清の絵にしてしまうほど彼に入れ込み、その絶賛ぶりに清は十七歳にして「ときの人」となってしまう。銀座の画廊で行われた展覧会には、たったの五日間に二万人が押し寄せたというのだから、その騒動ぶりがわかる。

 この翌年から清の長い放浪がはじまるのである。世間から注目されたことと無関係とは思われない。突然の変化に困惑しただろうし、うっとうしくも感じたのではないだろうか。八幡学園をふらりと抜けだしては思いつくまま旅をした。さまざまな職業を転々とし、物ごいをしたり、野宿をしたり、ときには警官に咎められ、盗みを疑われ……と決して楽な旅ではなかったが、気持ちの収まりがつくまで全国をさまよい、ふらっと帰ってくるというのを繰り返したのである。

▲《ともだち》 1938(昭和13)年 貼絵 24×33cm 山下清作品管理事務所蔵© Kiyoshi Yamashita / STEPeast 2023
八幡学園に入園し「ちぎり絵」と出合った清は、周囲にも心を開くようになり、作品にも友だちが登場するようになる。この作品には、色紙代わりに古い切手を使っているが、独自の工夫で作品がつくられていった。

 映画「裸の大将」には旅先で絵を描くシーンがでてくるが、これはフィクションで、放浪中は制作しなかった。施設に帰ってから、恐るべき記憶力を動員して旅で見たものを描いたのである。長いこと旅空にあっても、絵の腕は鈍るどころか、色彩はいちだんと鮮やかになり、技術的にも緻密になっていった。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.22
    昭和39年、純愛ドラマの先駆けとなった東芝日曜劇場...

    純愛ドラマ「愛と死をみつめて」のミコ役でトップ・スター

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!