23.09.20 update

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業」

青森県の刀物鍛冶屋に15人兄弟の三男に生まれた「絵キチ」の少年は、若き日、裁判所の給仕をしながら絵を描き、「わだばゴッホになる」と誓って上京。徒手空拳、弱視というハンデもあった。1956年(昭和31)、長い伝統と権威を持つヴェネチア・ビエンナーレで、日本人として初めて版画部門でグランプリを獲得したのは53歳のことだった。また、日本芸術院会員を経ることなく文化勲章を受勲するという快挙は、美術界の常識を覆すものだった。棟方志功は〝世界のムナカタ〟になり、その存在は、美術界にとどまらず、国民的人気者になった。棟方の「板画」には、一言ではいい表わせない不思議な生命力を、作品一つひとつが放っている。──絵画から板画へと紆余曲折する棟方志功とはいかなる芸術家であったのだろうか。
2023年は棟方志功の生誕120年の節目の年にあたり、棟方と縁の深い富山、青森と二つの会場を経て、間もなく東京でも大回顧展が開催される。「棟方志功の作品が好きだ」と自認するクリエイティブ・ディレクターの榎本了壱さんに、改めて棟方芸術の本質に迫っていただいた。

▲棟方志功(1903年~1973年)ポートレート 撮影:原田忠茂
青森県青森市出身。自らの仕事を「芸業(げいごう)」と称し、自らの作品を「板画(はんが)」と表記すると宣言した。「驚いても オドロキキレナイ 喜んでも ヨロコビキレナイ  悲しんでもカナシミキレナイ 愛しても アイシキレナイ ソレガ板画デス」こんな素敵な言葉を棟方は遺した。肝臓がんで亡くなる3ケ月前まで絵筆を執ったが、東京の自宅で72年の生涯を閉じる。青森市の三内霊園には、ゴッホの墓を模して作られた「静眠碑」と名付けられた墓がある。

棟方志功の誤解
文=榎本了壱

 例えば、赤坂のそれなりに有名なすき焼き屋に行く。すると店内に、いかにも高額そうな棟方の作品が掲げられている。「うーん、さすがこの店、いい趣味してるよね」と言った感想を持ちながら、さらりと作品を睥睨する。「国民的画家」棟方志功だから仕方がない。しかしこうした人気が、あるいは高額店内インテリア的な仕様に納まってしまっている棟方作品に対して、結構な誤解を提供してしまっているのではないだろうか。京都駅の回転寿司屋に、相田みつをの書額がどすんと飾ってあるのも、これに近い。人気とか、認知度とか、ポピュラリティーを別に批判するわけではない。しかし、棟方志功の膨大な仕事を俯瞰しなければ、結構な誤解のまま、「国民的画家」という奇妙な存在に祭り上げられ、広くその本質を凝視するチャンスを逃しているように思う。

 私は故あって、10年ほど青森県立美術館のパフォーミング・アーツの仕事に関わっている。今年棟方の「生誕120年」の記念展も見ているし、行けば常設展示の作品を覗いている。この「生誕120年」展こそ、棟方志功の真価を再認識するチャンスではないかとも思っている。

 しかし棟方自身、その出発点から、やや誤解に近い決意をしている。洋画家の小野忠明に見せてもらった雑誌『白樺』の口絵、ゴッホの『向日葵』を見て、「わだばゴッホになる」と決意する。18歳(1921年)の棟方は当時色々な場所でこう宣言していたのだろう。書籍にもなった有名なエピソードである。しかしこの油絵への侵攻は成功しなかった。裁判所控室の給仕だった彼にはまだあまりにも、芸術的情報と表現スキルがなかった。それらの作品は後期印象派の領域を出ていない。面白い事にこの頃の作品(向日葵の絵)を、青森中学の学生だった太宰治が、寺町の花屋で購入しているのだ。のちに太宰は同郷人である棟方を忌避するようになるのだけど。

▲棟方志功《八甲田山麓図》1924年 青森県立美術館蔵
棟方の愛してやまないのが故郷の青森。ゴッホの『向日葵』を見せられ、「ゴッホ」=「油絵描き」と思い込んだ棟方は、油絵を描くことを決意。休みの日には八甲田山を望む絶景の場所まで歩き、八甲田山の自然をむさぼるように描いた。棟方にとっては青森の自然こそが絵の師匠で、一生の宝となった。しかし、帝展(日展の前身)や白日会展などに出品するも落選が続いた。本作は、棟方21歳の作品。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

  • 2024.05.14
    全米の映画賞を席巻した話題作『ホールドオーバーズ ...

    応募〆切:6月5日(水)

  • 2024.05.14
    『あぶない刑事』の舘ひろし&柴田恭兵、70歳超コン...

    5月24日(金)公開

  • 2024.05.10
    背中トントン懐かしい ─萩原 朔美   

    第14回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.10
    練馬区立美術館「三島喜美代─未来への記憶」展 観賞...

    応募〆切:5月31日(金)

  • 2024.05.10
    <特集>帰ってきた日本文化の粋 ─ 今、時代劇が熱...

    文=米谷紳之介

  • 2024.05.09
    吉田修一原作×大森立嗣監督が『湖の女たち』で再びタ...

    5月17日(金)全国公開

  • 2024.05.09
    東宝映画『ゴジラ』のヒロインに抜擢され、その後俳優...

    東宝から俳優座へ。

  • 2024.05.09
    松田聖子、田原俊彦らアイドル全盛期の昭和56年、西...

    アイドル全盛期のスター

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!