俳優たちの聖地「帝国劇場」を語らずして演劇を語ること勿れ

演劇史の残る数々の名作生んだ「帝劇」百年のロマン

SPECIAL FEATURE 2011年10月1日号より


明治四十四年、日本初の西洋式劇場として開場した帝国劇場が今年百年を迎えました。観客席に座席番号をつけ、チケットのもぎりを実施するなど近代的な劇場運営は帝劇から始まりました。様々な劇団に門戸を開放し、古今東西の名作を舞台にのせ、芸術性と大衆性を融合させることに努めた帝劇から、新しい文化が生まれたのです。大正時代の三越百貨店の広告コピー「今日は帝劇、明日は三越」は流行語にもなり、そこには、「帝劇を見ずして芝居を語ることなかれ」とも記されています。現在の建物は二代目で、昭和四十一年にお披露目されました。以来、数々の名優が舞台を彩り、演劇史に残るいくつもの名作が帝劇から誕生します。そして今、俳優たちが「聖地」とも呼ぶ帝劇の百年目の開幕ベルが鳴り響きます。
写真提供:東宝株式会社 演劇部

「帝国劇場」が
生み出したもの

文=山川 静夫

旧帝劇で上演された
歌舞伎と宝塚

 

 昭和二十七年─大学生になったばかりで東京にはあまりなじみのない頃だった。いい陽気の五月だったと思うが、学友と二人で渋谷から有楽町まで徒歩で散策したことがある。
 青山から赤坂見附、三宅坂から桜田門というコースを、田舎者よろしくのんびりと歩いて、日比谷交叉点に立った。右手の日比谷公園の前には赤レンガの帝国ホテル、左手の皇居濠端前には帝国ホテルと同じ色調の古めかしい建物が見えた。これが私の帝国劇場との出会いだった。その時は「あれが帝国劇場か」という程度の印象だったが、昭和二十七年といえば帝劇の第三期(一九四五〜一九六五)に当る。
 それからしばらくして、歌舞伎好きの学友に誘われて歌舞伎座で観劇したのがきっかけで〝芝居狂い〞に火がついた。声色を覚え、大向うから声を掛け、それが歌舞伎通の古老に認められて大向うの会に入り、東京の各劇場は〝木戸御免〞となる。帝国劇場に初めて入場したのは昭和二十九年十一月の関西歌舞伎公演の時だ。焼け残りの古い帝国劇場はすでに老朽化していて、三階席には時折ネズミが顔を出すといううわさもあったが、そんなことには無頓着の私は、初日から千穐楽(せんしゅうらく)まで一日も欠かさず帝劇に通い詰めた。特に二代目鴈治郎の『引窓』に魅せられ、連日「成駒屋!」と声を掛けまくり、鴈治郎に喜ばれた。
 その頃、小学生だった私の家内は宝塚に夢中で、浅草橋から帝劇に通っていた。東京宝塚劇場が進駐軍に接収されていて、宝塚公演はすべて帝劇だったのである。家内は今でも往時をなつかしむ。
「越路吹雪の『カルメン』がすごく大人っぽく見えてねえ。『河童まつり』の八千草薫が可愛く、『源氏物語』の春日野八千代がこの世のものとも思えぬ美しさ。『ジャワの踊り子』では明石照子、淀かほる、寿美花代がよかったわよ!」
 少女たちにとって、この帝劇の宝塚公演は夢の世界だったのだろう。

昭和26年に第1回帝劇コミックオペラとして上演された『モルガンお雪』主演の越路吹雪

 この第三期で忘れてならないのは、昭和二十六年二月から三月にかけて上演された〝第一回帝劇コミックオペラ〞『モルガンお雪』で、日本のミュージカルのさきがけとなった作品だろう。菊田一夫作、宝塚のプリマ越路吹雪・古川緑波・森繁久彌という出演者だから、その舞台の楽しさは容易に推察することができる。しかし、本格的なミュージカルが日本に根づくには、まだ時節を待たねばならなかった。旧帝劇は昭和三十年一月からシネラマ映画の専門館となり、やがて建て替えとなる。

昭和55 年『女たちの忠臣蔵』(左から)松原智恵子、香川京子、草笛光子、大空眞弓、和泉雅子、山田五十鈴

 

昭和41年新装帝劇の舞台機構を駆使し菊田一夫脚色・演出の帝劇グランド・ロマン『風と共に去りぬ』が5ヶ月のロングランの大ヒット。
スカーレットとレット・バトラーは有馬稲子&高橋幸治(左)と那智わたる&宝田明のWキャスト。舞台上に本物の馬が登場したのも話題となった。
『ラ・マンチャの男』平成14年公演で、松本幸四郎(当時)は主演1000回を達成。また松たか子が歴代最年少のアルドンサを演じ現在も息のあったコンビが続いている。初演は昭和44年。(写真提供:松本幸四郎事務所)

2011年10月1日 Vol.9より

1 2 3 4

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial