「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から
55年目の「大石内蔵助」へ

SPECIAL FEATURE 2017年10月1日号より



テレビアニメ「鉄腕アトム」の放送が始まり、 翌年には東京オリンピックの開催を控えた昭和38年、詰襟姿で鮮烈なデビューを飾った18歳の舟木一夫。デビュー曲「高校三年生」は、あっという間に売上を伸ばし、 舟木一夫は一躍スターダムに押し上げられることになった。 デビューから半年間に「修学旅行」「学園広場」「仲間たち」が立て続けにリリースされその後に続く〝青春歌謡〞という流行歌のジャンルが生まれる先駆けにもなった。9月まで放送されていたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でも通学バスの中でヒロインたちが口ずさんでいたのが「高校三年生」だ。 「青い山脈」の次世代のみんなで歌える愛唱歌として、現在も、同世代の人々が、舟木の歌に自身の青春時代を重ね歌い継がれている。 高校三年生も、デビューから足掛け55年の歳月を重ねた。
12月には新橋演舞場で、芸能生活55周年ファイナルとして特別公演が上演される。演目は昼夜通し狂言での『忠臣蔵』で、舟木は大石内蔵助を演じる。これまで花も実もある多くの花形役者たちが演じてきた役だが、「僕が演じるにあたっては、他の役者さんたちと同じであったら意味がないと思う」と初役への意欲を語り、とにかく初日が楽しみだと言う舟木。商業演劇の娯楽時代劇というスタンスでの通し狂言で見せる『忠臣蔵』。舟木一夫の大石内蔵助がいかなる色合いを帯びるのか、興味が高まる。

企画協力・写真提供=新橋演舞場宣伝部、松竹写真室、マルベル堂(プロマイド)日本コロムビア(レコードジャケット)

いさぎよい人

文=齋藤雅文

昭和46年の紅白歌合戦で歌った「初恋」
学生服でデビューした舟木一夫はテレビやステージでも学生服が衣装だった。

  私は、こんなにいさぎよい人を知らない。
  舟木一夫さんは、きっと、どんな絶頂にあっても、次の日に全てを捨てて何の悔いるところもない人だろうと思う。
「執着」というものがないのかもしれない。といって、ふわふわとした心もとない人生観の持ち主でもない。
 その代わり「こだわり」は強い。「こだわり」が強くて「いさぎよい」という相反するものが、舟木さんの中で同居して成立しているのだ。
 昨年の十二月、新橋演舞場で『どうせ散るなら』という舞台を上演した。このタイトルに舟木さんはこだわった。というか、それに勝る題を、作者たる私も、制作も思いつかなかったのだ。制作や劇場は、少々捨て鉢で縁起が悪いと難色を示したのだが、舟木さんは「幕にかけて」押し通した。「幕に かける」というのは、幕内の言い方で、 意見が通らなければその舞台には出ないという強権の発動をいう。
 このタイトルは、まだ台本が書き上がる前、舟木さんが最初に電話でぼそっとおっしゃったもので、『天保六花撰』という、六人の悪党が一つのささやかな善行のために命を散らすという物語の本質を鷲づかみにしていると思った。
 そうかと思うと、一カ月公演の千秋楽の舞台では、とことん遊ぶ。それまでの芝居を壊しても、これでもかと遊び尽くすのだ。
 楽屋落ちなどという生易しいものではない。主人公が斬られたり、いるはずのない人物が現れて、全く別の展開にしてしまったりする。ご存じのファンの方ばかりだからいいようなものの、私は初めてそれを見た時、唖然としてあいた口がふさがらなかった。その「遊び方」の大胆なこと。捨て方のいさぎよさと言っていいか……呆然とするくらいのいさぎよさなのだ。

現在、舟木一夫の年間観客動員数は約30万人という。舟木は自身のことを流行歌手という表現を好んで使うが、流行歌手というのは世代色が強いのだとか。同じ時代に青春を過ごした女性たちは、今もあのころのように花束やプレゼントを手に、握手を求めてステージへと駆け寄る。舟木は2時間近く休憩なしでメドレーも含めて約30曲を歌う。

 舟木さんは、また「太っ腹」な人でもある。これまで舟木さんに五本の作品を書いてきたが、打ち合わせはごく簡単なものだったような気がする。
 ご自分はお飲みにならないのに、私に好物のビールを次々と出して下さり、作品をつらぬく大まかなテーマと、ところどころにご自分のアイデア をおっしゃるだけで、具体的な内容はすべて任せて下さる。 
 そして、初稿をお送りするとすぐに電話がある。これが嬉しい。どんな社会でも同じだと思うが、新しい企画 へ、自分の意見を表明するのは勇気のいることだ。
 舟木さんは、常に明快だ。おっしゃる感想は必ず短い。天一坊事件を描い た『八百万石に挑む男』の時は「勝った ね!」の一言だった。『どうせ散るなら』の時は「一発回答!」だった。
 こんなに喜びがストレートに伝わってきて、嬉しい電話はない。作者冥利 に尽きるというのはこのことだと思っ た。

         ◇

平成27年にリリースされた「春はまた君を彩る」は南こうせつが作曲を担当(作詞は松井五郎)。

「歌手芝居」という言い方がある。歌手を本業としている人が、大劇場で、たいてい時代劇とショーの二本立て、昼夜二回公演。団体客を取り込み易く、興行主にとっては安心な公演だ。
 
 ただ、「歌手芝居」という言い方には、どこか偏見の響きがある。所詮「歌手の余技」ではないか、と。
 私は舟木さんと芝居を作ってきて、それがとんでもない誤解だと思い知らされた。上演時間の制約がある中、スピーディで判りやすい展開が求められる。それは、限られた言葉数の中で、いかに深く大きな世界を作り、感動をもって伝えるか、という歌手ならではの使命に近いものなのではないか。
 そして、なによりも目から鱗が落ちるように納得したのは、言葉に対する鋭敏な感覚だ。それはそうだ。思えば、 テレビやラジオから、しかも無料で流れて来たあの三分強の歌に、私たちはどれほど感動し、勇気づけられてきたことか……。
「高校三年生」で育った昭和29年生まれの私は、深く感じ入る。舟木一夫とは、こんなにも、言葉を愛し、言葉を大切に歌って来た人なのか、と。
                  

新橋演舞場「舟木一夫特別公演」の軌跡

2017年12月新橋演舞場の舟木一夫特別公演の演目は通し狂言『忠臣蔵』。舟木が大石内蔵助を演じるほか、千坂兵部に里見浩太朗、浅野内匠頭に尾上松也、吉良上野介に林与一、大石りくに紺野美沙子、さらに田村亮、葉山葉子、長谷川稀世と、舟木言うところの、現在の時代劇の舞台では、ほぼ不可能と言っていいくらいの役者がそろった。
『「華の天保六花撰」どうせ散るなら』
平成28年12月
講談でおなじみの『天保六花撰』。舟木が演じるのは沢島忠監督の映画『美男の顔役』で大川橋蔵演じた金子市之丞。舟木とは舞台で幾度も共演している笹野高史と、魅力的な顔合わせが実現した。


芸能生活55周年記念
「みんな旅人」
発売元:日本コロンビア
『芸能生活55周年 舟木一夫CDコレクション前篇、後篇』
発売元:日本コロンビア
舟木一夫 あゝ青春のプロマイド 監修:マルベル堂

 近ごろの不況の中で、団体客頼りの公演も安泰ではなくなった。いまだに単独主演で一と月の大劇場公演を続けている舟木さんの存在は、演劇界にとっても希有な光だ。
           ◇
 そんな舟木さんと、私は長いことご縁がなかった。
  私は、新派という古い劇団の文芸部というところにいて、舞台監督から台本書き、ありとあらゆる裏方仕事を長年続けている。一方舟木さんは、デビュー当時より、新派の川口松太郎先生から、新派に入らないかと誘われたり、新派の演目を何本も上演されたりしていた。
 しかし、不思議とご一緒することがなかったのだ。それが五年前、舟橋聖 一原作の『花の生涯』の脚色の話が突然持ち上がって以来、毎年演舞場公演のために一本ずつ、今年は大阪新歌舞伎座公演のためにさらに一本、書かせていただくことになった(ちなみに、井伊直弼と陰の軍師長野主膳を描いた 『花の生涯』、天一坊事件の黒幕山内伊 賀之亮を描いた『八百万石に挑む男』、 勝海舟の無頼な父、勝小吉の『気ままにてござ候』、天保六花撰の金子市之丞の『どうせ散るなら』、そして、広澤虎造の浪曲「次郎長三国志」から『鬼吉 喧嘩状』の五本である)。打ち合わせ、稽古、本番と、考えるとこの五年間は、ずっと舟木さんを中心に回っているようだ。

 そして『忠臣蔵』である。  
 およそ芝居や映像の脚本を書く人 間ならば、一度は書いて見たい『忠臣蔵』。男優もまた、一度は大石内蔵助を演じて見たいと思うのではないだろうか。
 人形浄瑠璃から始まり、歌や踊り、 絵や芝居、日本の芸能の重要なモチーフとして、忠臣蔵は様々に取り上げら れてきた。我が国には、「パロディ(風刺的模倣)」とは異なる「本歌取り」と いう伝統があって、先行する優れたものを取り込んで新しい作品に生かすことが許される。忠臣蔵は、まさに日本の文化が何層にも重なった、ドラマの宝庫なのだ。
 それだからこそ、忠臣蔵は、時代によって、社会によっていろいろな切り口や描き方が可能になる。今、忠臣蔵をやる以上、現代人の心に届かなければ意味がない。
 たとえば、浅野内匠頭の松の廊下での刃傷沙汰は、本当に短慮な殿様の浅はかな所業であったのか。大石内蔵助はそんな殿様をなぜ深く愛してやまなかったのか。吉良上野介という大名の屋敷に真夜中徒党を組んで乱入し、主を殺害するという事件は、当時の法に照らせば、親兄弟妻子まで打ち首になってもおかしくないとんでもない暴挙なのだが、それを決断し、指揮をとった内蔵助の葛藤はどれほどのものだったのか。そこには、「武士道」や「忠義」では割り切れない深い深い人間のドラマがあったと思う。
 私の心に浮かぶ舟木さんの内蔵助 は、「心から討ち入りをしたくなかった」と言う。なぜなら、一人の「恨みを晴らすため」に、四十七人と、それに連なる多くの人の命が失われてよいはずがない、と。何かが間違っていないか……、と。
  舟木さんは、そのこだわりといさぎよさで、現代に通じる大石内蔵助を、 生き生きと生み出してくれることだろう。劇作家として、本懐としか言いようがない。

さいとう まさふみ

1954年、東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。80年、松竹傘下の劇団 新派文芸部に入る。新橋演舞場、歌舞伎座、日生劇場、明治座など各劇場の芝居、ミュージカルの多くの作、 脚本を手がける。94年『恋ぶみ屋一 葉』の再々演(作)において、読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。近年の作品に『竜馬がゆく 立志篇』(作・演出)、『ブッダ』(演出:栗山民也)、『狸御殿』(演出:宮本亜門)、『糸桜』 (作・演出)、『黒蜥蜴』(作・演出)など多数。舟木一夫の舞台は新橋演舞場公演13年の『花の生涯―長野主膳ひとひらの夢―』から本年の『忠臣蔵』まで5年連続で手がけている。

2017年10月1日 Vol.33より
error: Content is protected !!