コモレバWEBをご覧になった感想が寄せられています。
面白かった記事は……、

「児玉清さんの「遊び心」の大切さ」を読みました。自分のことばかり考える大人の多い殺伐とした世界を指して「世の中はまさに『だんまり』の場と化した」とおっしゃっています。絶望的な状況ながらも、児玉清さんらしく少しユーモアも感じられるため少し「くす」っとしました。(東京都・36歳女性)
昭和の出来事や人物が好きな私にはどの記事も興味深いものばかりでしたが榊原郁恵さんの出身地を息子さんが訪れた記事は特に面白かったです。(東京都・40代男性)
劇団四季の第一作が美女と野獣だったのは知らなかったです。長年愛されるのには人並みならぬ努力が必要だったと思います。まだ劇場で見たことがないので見てみたくなりました。エビータも気になるので見てみます。(千葉県・40歳女性)
「昭和歌謡アルバム」奥村チヨさんの歌は母が良く口ずさんでいて、こどもながらにドキドキしたのを覚えています。昭和の歌はいずれも幼かった私からすると、ものすごーく大人の歌ばかりで、歌詞も今の歌と違い、具体的に情景を歌っていたな、と思います。お姉さんになったら私もこんな風になりたい!という憧れが詰まっていましたねー。懐かしい!!(東京都・40歳女性)
日本の国技である相撲についてとりあげてもらい嬉しいです。家族で相撲が好きなので、この記事(91歳の相撲記者・杉山邦博さん)の話で盛り上がりました。(東京都・26歳男性)
「加山雄三さん80歳、いまだ青春」 子供の頃から見てますが、いつのまに?(ビックリ)て感じです。心も体も若さを保つ、若い気持ちでいるのは大切だと思いました。(鳥取県・32歳女性)
91歳の相撲記者・杉山邦博さんの記事です。相撲が好きなので、そのような記事があるなんて!と驚きと感動がありました。私が生まれる前から土俵を見つめてきた方のお話はとても興味深く、もっと読みたいと思いました。(神奈川県・31歳女性)
「豆腐屋さんが自転車で売りに来る町」エッセイが大好きで図書館で色々借りては読んでいるので、このような文体の何気ないエピソードがほっこりしました。読み終わって写真を眺めたら、もう私もこのお豆腐を買ってみたい。という気持ちになっていました。(愛知県・47歳女性)
加山雄三さんの記事。アメリカのカーネギーホールでコンサートをされた時見に行ったので昔も思い出して、興味深く感じました。(東京都・45歳女性)
水谷豊さんの「太陽とボレロ」の記事を読んで、見に行こうと思いました。(大阪府・44歳女性)
プロマイドの 南沙織さんは、 ドンピシャ、大ファンでした。3人娘の中でも大大好き。未だにポスターを保管しています。(神奈川県・63歳女性)
箱根が好きで、第二の人生を過ごしたいと思っている場所なので「シリーズ箱根彩彩」は参考になります。。(福岡県・34歳女性)
赤木圭一郎さんの記事を読んで、こんな素敵な人がいたのかと思いました。事故で亡くなってしまったのが残念です。私は昭和の歌謡曲が好きでYouTubeで観ることは多いのですが、なかなか昭和のことを知る機会がないので面白かったです。(神奈川県・32歳女性)
読者の声を読むと、外出、自粛を続けている私には、なるほどと世間を感じることができるのがうれしい。(兵庫県・45歳女性)
キーハンター、懐かしい谷隼人のファンでした。毎週欠かさず見てましたね。ドラマとしてでなく、どうしたらあんなにカッコよくなれるか?いろいろ試したこともありましたが、怪我をして断念しました。(東京都・67歳男性)
岩谷時子さんはまさに天才!!!と言っても過言ではないですね!加山雄三さん、郷ひろみさん、レ・ミゼラブルと数々の大ヒットを生み出し本当に素晴らしいです!!!地位や、名誉もひけらかす事はない、素敵なご婦人ですよね。私も、少し見習いたいものです。(神奈川県・50歳男性)
「秋山庄太郎ポートレートの美学」を読みました。昭和の銀幕女優の、慎ましやかで強かな色気がありありと伝わってくるようなポートレートが素晴らしいです。(東京都・28歳女性)
オードリーヘプバーンの気品と美しさは、どこか脆い気がしていました。ローマの休日でアン王女を演じたからだけではない、うちから出るような気品を感じます。生前、顔がえらばっていること、鼻腔が大きいこと、スタイルのことなどでコンプレックスを感じていたのを読んで、少しだけ彼女の美しさの理由が分かる気がしました。外見の美しい人はたくさんいますが、それを当然と思っている人は表面だけの美しさで深みがないと感じてしまうのかも知れません。カポーティーがティファニーをマリリンモンローで撮りたいと言ったけどオードリーヘプバーンが演じて素晴らしい映画になりました。カポーティーがモンローに惹かれたのもモンローも美しいけれど、同じようにコンプレックスを抱えた脆さを感じたのかなと思います。人は悲しみを内に秘めて魅力を増すのかもしれません。(東京都・64歳女性)
丸山智己さんの狛江の夜の散歩の記事は興味深く拝見しました。特にHOME狛江のバルは知らなかったし、写真を見てパスタなどとても美味しそうで、コスパも良さそうなのでぜひ行ってみたいと思いました。(神奈川県・50歳女性)
相撲が好きなので杉山さん相撲特集の記事が面白かったです。(神奈川県・24歳女性)
昭和歌謡アルバムです。レッツゴーヤングは毎週楽しみに見ていましたし、サンデーズとか、あのねのねとか、久々に懐かしい記事を読み若返った感じがしました。昭和歌謡は、とても人間の気持ちをストレートに歌っていて改めて聴くと、とても心に残る曲ばかりです。またこれを機会に聴いてみようとと思います。(神奈川県・51歳女性)
渡辺裕太さんの本厚木散歩が面白かったです。私は郁恵ちゃん世代なので、厚木を知ったのも、郁恵ちゃんが厚木出身といったから。これ、シリーズにして欲しいです。(千葉県・59歳女性)
劇団四季はまだ観劇したことがないのですが、テレビなどを通してそのすごさを知っています。時代を先取りした内容を取り入れているからこそ、人気があるのだなと思いました。(兵庫県・27歳女性)
萩原蒴美氏のスマホで写真のシリーズは着眼点が楽しいですね。私も撮ってみたくなりました。(東京都・59歳女性)
バックナンバーを保存しております。いつも興味深い記事と写真でどれも面白いです。(東京都・73歳男性)
常に興味深く役に立つ記事を提供して下さりありがとうございます。特に昭和四十年代生まれの当方としては良き作品・文化を多くとりあげていただいているのが嬉しいです(東京都・54歳男性)
昭和歌謡アルバムの記事は、自分の青春時代に活躍した方々のお若いときの写真とともに、いろいろなことが思い出されて懐かしくなりました。(千葉県・58歳女性)
昭和のブロマイドの特集。第一弾より、第二弾の方が私にとって身近なアイドルでした。 藤圭子さんもあべ静江さんもとても素敵できれいで歌唱力もあって、憧れていました。第三弾も楽しみです(神奈川県・60歳女性)
「神保町古書店の歩き方、楽しみ方」が良かったです。神保町の古書店巡り、憧れてます。行ってみたい。(愛知県・53歳女性)
最近ミュージカルや演劇に興味があって「劇団四季」を観てみたいと思っていました。劇団四季は有名なので名前は知ってはいましたが歴史を知れて興味深かったしミュージカルにも、もっと興味が出てきました、ありがとうございます。(東京都・37歳女性)
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial